夏の山岳特有の危険

低体温症

 山の天候はとても変わりやすく、高度によっても大きく変わります。
平地の感覚で軽装で登山すると、思わぬ体感温度に直面しますので、真夏でも、朝夕や天候の悪いときには防寒具が必要となる場合があります。
(100m高くなる毎に約0.6℃低下、風速1m/秒につき体感温度は1℃低下)

日射病・熱中症

 標高の低い山地では、予想以上の暑さによる日射病や熱中症の恐れも考えられますので、服装による温度調節や、適宜の水分補給等に心がけましょう。

 雷は上昇気流の発生により起きやすく、平地より山地帯の方が発生の確率が高くなり、夏の風物詩である入道雲に取り囲まれた場合は、雷に囲まれている状況と同じです。
雷の発生の危険性は気温の上昇と比例し、午後の時間帯に多く発生しますので、早出・早着の行動をしましょう。ちらし

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー