高速道路の交通安全

高速道路を利用される皆さんへ

「高速道路安全運転5則」

高速道路安全運転5足

1安全速度を守る

スピードの出し過ぎは重大事故につながります。
高速道路では、天候や路面状況により速度規制が行われます。
道路状況に応じた安全速度で走行しましょう。

2十分な車間距離をとる

前を走る車との速度差の見込み違いなどから、前車に急接近し、走行追突する
事故が多発しています。
路面が濡れているときは、普段の約2倍の車間距離が必要です。

3割り込みをしない

急な割り込みは、相手の車が急ハンドル、急ブレーキをする原因となり大変危険です。
追い抜いた車の前に出るときは、車間距離を十分にとってから進路変更をしましょう。

4わき見運転をしない

高速道路の交通事故の原因の中で一番多いのは、前方不注視です。
物をとる、たばこや携帯電話に気をとられてなど、一瞬の前方不注視が事故のもととなります。
たばこに火をつける、携帯電話を見る・・・約2秒
→時速90kmでは、2秒間に約50m進みます!

5路肩走行をしない

渋滞している時でも、路肩の走行は厳禁です。
緊急時、救急車などの緊急自動車の走行を妨げることになります。

高速道路における「緊急時の3原則」

〜緊急時の3原則を知っていますか?〜

 高速道路を走行中、交通事故や故障等の緊急事態により車両を停止する場合、本線車道はもとより路肩であっても大変危険です。
車両が動かせるときは、できる限りサービスエリアやパーキングエリアなど安全な場所まで移動する。
やむを得ず本線車道等に駐停車する際は、

 

緊急時の3原則

 

などの措置を確実に行ってください。

詳しくはこちら→警察庁HP高速道路へ(外部サイト)

関連動画「政府インターネットテレビ」
いま確認したい!高速道路上でのもしもの対処法へ
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg16580.html(外部サイト)

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー