自動車運転代行業

 自動車運転代行業とは、他人に代わって自動車を運転するサービスを利用客に提供する営業であって、

  1. 主として、夜間において酔客に代わって運転するものであること
  2. 酔客などの利用者を乗車させるものであること
  3. 常態として随伴用自動車が随伴するものであること

 のいずれにも該当するものをいいます。

[自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律第2条]

公安委員会の認定

 自動車運転代行業を営もうとする者は、自動車運転代行業の欠格事由に該当しないことについて、都道府県公安委員会の認定を受けなければいけません。

 

 

自動車運転代行業の欠格事由

  1. 禁固以上の刑に処せられ、刑の執行期間終了後2年を経過していない者
  2. 運転代行業法の規定に違反した者、または、道路運送法における無許可運送事業(白タク行為など)をした者、道路交通法における使用者の義務などに違反した者で、これらの違反により罰金を科せられてから2年を経過していない者
  3. 安全運転管理者等を選任しない者
  4. 暴力団関係者など

 

※安全運転管理者等とは、安全運転管理者、副安全運転管理者をいいます。

認定番号等及び代行運転自動車標識の表示

 認定を受けた自動車運転代行業者は、随伴用自動車(自動車運転代行業者の自動車)に、認定を受けた公安委員会の認定番号等を表示しなければなりません。

 表示はペンキ等による横書きとし、車体の両側面に行います(マグネット不可)。

随伴用自動車表示

随伴用自動車の側面表示

 代行運転自動車(利用者の自動車)には、代行運転自動車標識を自動車の前方または後方から見やすいように表示することが義務付けられていますので、自動車運転代行業者をご利用の方はご協力をお願いします。

代行運転自動車標識

 

 

 

 

 

 

 

 

代行運転自動車標識表示方法

 

 地上0.4m以上1.2m以下の位置に前方または後方から見やすいように表示します。

 ただし、代行運転自動車の車体の材質または状態その他の事情に照らして、代行運転自動車標識を付けることが困難または不適当であると認められるときは、代行運転自動車の前面の見やすい箇所(ダッシュボードの上など)に掲示することをもってこれに代えることができます。

代行車両運転者の二種免許取得義務

 平成16年6月1日から、利用者の自動車を代行運転する運転者には二種免許が義務付けられました。

随伴用自動車への利用者の同乗禁止

 自動車運転代行業者が、利用者を随伴用自動車(自動車運転代行業者の自動車)に同乗させることは、法律で禁止されています。

 わずかな距離であっても同乗はできません。

 

安全運転管理者の選任義務

 自動車運転代行業者は、自動車運転代行業の営業所ごとに安全運転管理者を選任しなければなりません。

 

副安全運転管理者の選任義務

 自動車運転代行業者は、安全運転管理者の業務を補助させるため、規程の台数以上の随伴用自動車を使用する営業所ごとに、副安全運転管理者を選任しなければなりません。

 自動車の台数10台以上で1名選任し、下表に掲げる台数に応じて選任します。

副安全運転管理者の選任数
自動車の台数 副安全運転管理者数
9台まで 0人
10〜19台

1人

20〜29台 2人
30〜39台

3人

※以下10台毎に1名を選任

 

 

 

自動車運転代行業者のその他の遵守事項

  1. 自動車運転代行業者の認定証を主たる営業所に掲示すること
  2. 利用者から収受する料金を定め、これを営業所に掲示すること
  3. 利用者の損害賠償に備えて所定の金額以上の保険を締結しておくこと
  4. 自動車運転代行業約款を作成し、これを主たる営業所に掲示すること
  5. 利用者に代行運転のサービスを提供するときは、料金やサービス内容を事前に説明すること
  6. 運転代行業務従事者に対し、料金の収受方法やサービス内容の説明方法について指導すること

認定申請

 

認定申請手続き

 都道府県公安委員会への申請書または届出書の提出は、主たる営業所の所在地を管轄する警察署交通課(係)に届け出てください。

申請等の事務手数料

 認定申請時の事務手数料は、警察手数料条例に定める手数料額の島根県証紙で納入します。

自動車運転代行業認定申請等事務手数料

自動車運転代行業の認定

13,000円

認定証の再交付 1,900円
認定証の書換え 2,100円

 

認定申請に必要な書類(個人)

認定申請(個人)
  提出書類 様式等
認定申請書 WORD形式PDF形式記載例

戸籍謄本または抄本

(外国人の場合は住民票の写し)

コピー不可
登記事項証明書 コピー不可
保険契約締結証明書類

損害賠償措置、随伴用自動車登録番号が記載された保険会社が発出した書類

コピー不可

・安全運転管理者等届出済証

 または

 安全運転管理者等認定証

・安全運転管理者等の住民票

届出済証または認定証はコピーの提出

住民票はコピー不可

の他

未成年者登記簿謄本

(認定を受けようとする者が未成年の場合)

コピー不可

・相続人であることを法定代理人が誓約する書面

・被相続人の戸籍謄本

・法定代理人に係る2、3の書類

(自動車運転代行業の相続人が未成年の場合)

コピー不可

 

認定申請に必要な書類(法人)

法人認定申請に必要な書類
提出書類 様式等
認定申請書 WORD形式PDF形式記載例
法人の登記簿謄本 コピー不可
定款またはこれに代わる書類  
役員名簿 氏名及び住所を記載したもの

役員の戸籍謄本または抄本

(外国人の場合は住民票の写し)

コピー不可
役員に関する登記事項証明書 コピー不可
保険契約締結証明書類

損害賠償措置、随伴用自動車登録番号の記載された保険会社が発出した書類

コピーを提出

・安全運転管理者等届出済証

 または

 安全運転管理者等認定証

・安全運転管理者等の住民票

届出済証または認定証はコピーの提出

住民票はコピー不可

 

届出事項の変更

 次の事項に変更があった場合には、変更内容のわかる資料を添付して、変更した日から10日以内(登記簿謄本がある場合は20日以内)に主たる営業所所在地を管轄する警察署交通課(係)へ届け出てください。

  • 保険期間等の更新及び変更
  • 随伴用自動車の増車、減車及び入れ替え
  • 主たる営業所等の名称及び所在地の変更
  • その他の営業所の追加及び廃止
  • 安全運転管理者等の選任、解任、氏名の変更及び住所の変更
  • 【法人】代表者の変更
  • 【法人】役員及び役員の指名の変更
  • 認定証記載事項(氏名、住所及び法人にあっては会社名)の変更
届出事項の変更
変更届出書

WORD形式PDF形式

記載例(保険期間の更新)

記載例(随伴用自動車の増車、減車及び入れ替えなど)

※変更内容の分かる資料を添付して届出をしてください。

認定証記載事項の変更

認定証記載事項の変更必要書類
  提出書類 備考
変更届出書

WORD形式PDF形式記載例

認定証  
手数料 島根県証紙¥2,100

認定証再交付申請

認定証再交付申請
  提出書類 備考
認定証再交付申請書 WORD形式PDF形式記載例
手数料 島根県証紙¥1,900
※再交付を受けた後認定証を発見した場合は、古い認定証を10日以内に主たる営業所所在地を管轄する警察署交通課(係)に返納してください。

自動車運転代行業の廃業等による返納

 廃業等により認定証を返納する場合には、事由発生日から10日以内に主たる営業所所在地を管轄する警察署交通課(係)に届出てください。

※返納事由:自動車運転代行業を廃止したとき

 認定が取り消されたとき

 再交付後に亡失した認定証を発見したとき

 死亡(同居の親族または法定代理人が返納)

 法人が合併により消失(合併後の法人代表者が返納)

認定証の返納
  提出書類 備考

認定証 安全運転管理者等解任届も同時に提出

お問い合わせ

最寄りの警察署交通課(係)または島根県警察本部交通部交通企画課(0852−26−0110)

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー