• 背景色 
  • 文字サイズ 

植物解説1

1,マタタビ(木天蓼):マタタビ科マタタビ

 蔓性落葉低木。山地に自生し、葉は円形、夏には葉面の半分が白変する。初夏、白色5弁の花を開き、液果を黄熟する。

熱湯に浸して乾燥した果実は痛風・リウマチ、また強壮に効があり、名の由来は食べるとまた旅ができるからとする俗説もある。

 若芽も食用。猫類が好む。別称:ナツウメ。マタタビ絵

 

 

 

 

 


2.ヤブツバキ(藪椿):ツバキ科(別名:ツバキ、ヤマツバキ)

沿岸地に多いが山地にも自生する常緑高木。

日本には果実が裂開するツバキの仲間(ツバキ属、ナツツバキ属、ヒメツバキ属)と裂開しないモッコクの仲間(モッコク属、サカキ属、ヒサカキ属)を中心に7属、20種が野生している。さく果は直径4〜5cmの球形で果皮厚く、熟すと3裂し暗褐色の種子を2〜3個だす。種子からは椿油をとる。

ヤブツバキ花ヤブツバキ葉椿マップ

 ヤブツバキユキツバキ

       


3.シキミ(樒):モクレン科(別名:ハナノキ、ハナシバ)シキミ

 暖地の山地に自生し、また墓地によく植えられる常緑小低木。

3〜4月に淡黄白色で3cmの花が咲く、花弁と萼片はともに

線状披針形で12個。葉を切ると抹香のにおいがする。

抹香マッコウ(末香):香の名。

沈香ジンコウと栴檀センダンとの粉末。今はシキミの葉と皮とを乾かしたものを粉にしてつくる。

仏前に用いる。果実は猛毒で、「悪しき実」が名の由来という。

 

 


4.イタヤカエデ(板屋楓):カエデ科(別名:トキワカエデ、ツタモミジ)イタヤカエデ

山地に生え15〜25mになる落葉高木。

樹皮は暗灰色で老木になると浅く裂ける。

葉は対生し7〜15cm扁円形で、5〜7中裂または浅く裂け、無毛、鋸歯がない。秋、葉は鮮黄色に色づく。材は床柱など装飾材となる。

樹液には比較的糖分が多い。樹液はタバコの香料につかう。

隠岐では海岸の水際でも見られ、国内では稀である。

 

 

 

 


5.ヤブニッケイ(藪肉桂):クスニキ科(別名:マツラニッケイ、クスタブ、クロダモ)

暖地の山地に生え、クスノキ科の常緑高木。西日本の山地に自生。ヤブニッケイ

幹は高さ約15メートル。樹皮はニッケイにやや似た香気と渋味とを持つ。

葉は長卵形で革質、光沢がある。夏、葉腋に長い花軸を出し、淡黄色の小花をつける。果実は液果で紫黒色。木材を器具・薪炭用とし、種子から肉桂脂をとり薬用とする。

よく似たヤブニッケイとシロダモのみ分け方。

ヤブニッケイ→葉の裏が白くない

シロダモ→葉の裏が白い

 

 

 

 


6.クロキ(黒木):ハイノキ科

暖地の沿岸地の林内に生え、大きいものは高さ12mになる。樹皮は黒褐色。葉は互生し長さ4〜7cmの楕円形、長楕円形。ふちには波状の鋸歯がまばらにある。厚い皮質で光沢がある。

3〜4月に葉わきに白い花が集まってつく。花冠は直径7〜8mmで5深裂する。果実は10〜11月黒く熟す。

 


7.イヌシデ(犬四手):カバノキ科イヌシデ

山地に生え20mぐらいになる落葉高木。樹皮は灰白色でなめらかである。老木になるとやや浅い裂け目ができる。葉に先立って4〜5月に尾状の

花穂を垂らし、これが四手に似ることからシデとなる。

(垂・四手)しで:神前に供する玉串・注連しめ縄などに垂れ下げるもの

=紙垂:かみしで(昔は木綿を用い、後には紙を用いる)

※(アカシデは若葉が赤色、イヌシデは黄緑色)

 

 

 

 


8.カヤ(榧):イチイ科

常緑高木。幹の高さ約20メートル、周囲3カヤの写真メートルに達する。葉は扁平線状、革質で厚

く、先端は鋭い。雌雄異株。4月頃開花。実は広楕円形で、核は食用・薬用とし、

また油を搾る。材は堅くて碁盤などをつくる。

 

 

 

 

 

 

 

 


9.ユズリハ(譲葉):トウダイグサ科ユズリハ

暖地性の山地に生える、まばらに分枝して高さ4〜10mになる常緑高木。葉は枝先に輪生状に集まって互生する。若葉がのびてから古い葉が落ちるので、譲葉の名がある。

(親が成長した子に後を譲るのにたとえて、めでたい木とされ、古くから正月の飾りに使われる樹皮と葉は駆虫剤にする。)

 

 

 

 

 

  


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp(代表)
      shizen-koen@pref.shimane.lg.jp(自然公園許認可担当)