• 背景色 
  • 文字サイズ 

世界肝炎デーと肝臓週間

 世界保健機関(WHO)は、2010年に世界的レベルでのウイルス性肝炎のまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消や感染予防の推進を図ることを目的として、7月28日を" World Hepatitis Day "(世界肝炎デー)と定め、肝炎に関する啓発活動等の実施を提唱しました。

 こうしたことから、毎年7月28日を含む月曜から日曜までの一週間を肝臓週間とし、肝炎についての正しい知識の普及と予防の重要性についての認識を高め、肝臓疾患の制圧を目標に活動しています。

 

肝臓週間・世界肝炎デーの取り組みについて

2018年の行事について

  • 世界肝炎デー・肝臓週間にあわせて、以下のキャンペーン活動を行いました。
イオンモール出雲街頭キャンペーン

日時:2018年7月28日(土)14:00-15:00

場所:イオンモール出雲(島根県出雲市渡橋町1066)

内容:「島根県肝臓友の会」会員の方々や島根県肝疾患診療連携拠点病院である島根大学医学部附属病院の方と一緒に、肝炎検査啓発チラシやグッズを配布しました。

街頭キャンペーンの様子

 

松江城ライトアップ

日時:2018年7月28日(土)18:00-22:00

場所:松江城天守閣(島根県松江市殿町1-5)

内容:世界肝炎デーのシンボルカラーであるブルーにライトアップしました。

松江城のライトアップ

 

肝炎ウイルス無料検査

日時:2018年7月29日(日)12:00-13:00

場所:ニューウェルシティ出雲<2階百合の間>

(島根県出雲市塩冶有原町2-15-1)

内容:過去に肝炎ウイルス検査を受けたことのない希望者にB型・C型肝炎ウイルスの感染の有無が分かる検査を実施しました。

 

公開講座(島根大学医学部附属病院主催事業)
  • 身近に潜む肝臓病を発見することの大切さ(市民公開講座)

日時:2018年7月29日(日)13:00-15:40

場所:ニューウェルシティ出雲<2階銀河の間>(島根県出雲市塩冶有原町2-15-1)

内容:講演1「肝炎患者さんをひとりでも多く救うために~肝疾患診療連携拠点病院の取り組みも含めて~」

(島根大学医学部附属病院(肝臓内科)佐藤秀一先生)

講演2「身近に潜むメタボ関連肝疾患をご存じですか?」

(島根大学医学部附属病院(肝臓内科)飛田博史先生)

講演3「肝がん早期発見の大切さ」

(島根県立中央病院(肝臓内科)三宅達也先生)

 

参考

県内の保健所では肝炎ウイルス無料検査を常時行っております。

事前予約が必要となっておりますので、下記をご確認のうえ、最寄りの保健所までお問い合わせください。

 


お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、第2分庁舎 別館3階にあります)
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp