• 背景色 
  • 文字サイズ 

特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法に基づく給付金のお知らせ

 C型肝炎訴訟について、感染被害者の方々の早期・一律救済の要請にこたえるべく、議員立法によってその解決を図るため、特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法(以下「特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法」)が制定され、平成20年1月16日から施行されました。

 

 国は、出産や手術での大量出血などの際に特定のフィブリノゲン製剤や血液凝固第IX因子製剤を投与されたことによってC型肝炎ウイルスに感染された方々との間で、この法律に基づく給付金の支給の仕組みに沿って、和解を進めています。

 

 特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法に基づき、給付金の支給を受けるためには、国を被告とした訴訟の提訴等の手続き行う必要があり、その手続きの期限が、2023年(平成35年)1月15日まで(日曜日に当たるため、平成35年1月16日)となっています。

 

■なお、特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法が改正され、平成29年12月15日から、給付金の請求期限が延長されました。

 

 給付金の請求期限の延長

 (改正前)平成30年1月15日

 (改正後)平成35年1月15日(日曜日に当たるため、平成35年1月16日)

 

■また、追加給付金については、症状が進行したことを知った日から、5年以内に請求していただくことが必要ですので、ご注意ください。
(※)民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成29年法律第45号)により、

 令和2年4月1日より、「3年以内」から「5年以内」に改正されました。

 

 給付金の仕組み、手続きについては、厚生労働省ホームページ又は相談窓口でご確認ください。

 厚生労働省ホームページ(外部サイト)

 厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口

 フリーダイヤル0120-509-002(土・日・祝日・年末年始を除く9時30分から18時00分)

 

 独立行政法人医薬品医療機器総合機構の相談窓口

 フリーダイヤル0120-780-400(土・日・祝日・年末年始を除く9時00分から17時00分)
 

 


お問い合わせ先

感染症対策室

健康福祉部感染症対策室
TEL:0852-22-6896・6902
ワクチンに関すること:0852-22-6175・6176
MAIL:kansen2@pref.shimane.lg.jp