• 背景色 
  • 文字サイズ 

営業届出制度の創設について

営業届出制度とは

食品衛生法の改正により、原則として全ての営業者に「HACCPに沿った衛生管理」が求められることとなりました。

これに伴い、営業許可の対象となる営業以外であっても、行政がその所在を把握するために、営業届出制度が創設されました。

 

 

【改正のイメージ】(厚生労働省資料より【食品等事業者のみなさまへ】 【集団給食施設のみなさまへ】

改正概要 食品等事業者 集団給食

 

 

【関連情報】

食品衛生法が改正されました

 

営業届出が必要となる業種

営業届出業種については以下の通知をご覧下さい。

 

営業届出業種の設定について(令和2年3月31日付け薬生食監発0331第2号)(最終改正:令和2年12月17日)

届出不要な業種

公衆衛生に与える影響が少ない営業として、規定されている次の業種の営業者は届出不要です。

 

1.食品又は添加物の輸入をする営業

2.食品又は添加物の貯蔵のみをし、又は運搬のみをする営業(食品の冷凍又は冷蔵業を除く。)

3.容器包装に入れられ、又は容器包装で包まれた食品又は添加物のうち、冷凍又は冷蔵によらない方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化により食品衛生上の危害の発生のおそれがないものの販売をする営業

4.器具又は容器包装(合成樹脂以外の原材料が使用された器具又は容器包装に限る。)の製造をする営業

5.器具又は容器包装の輸入をし、又は販売をする営業

届出を行う時期

1.令和3年6月1日以前から営業を行っている施設は、令和3年11月30日までに保健所へ届出を行う必要があります。

 

2.令和3年6月1日以降に営業を始める施設は、あらかじめ保健所へ届出を行う必要があります。

届出の方法

次のいずれかによる方法で行うことができます。

 

紙面による方法

※ただ今準備中です。

 

インターネットによる方法

「食品衛生申請等システム」(外部サイト)

※ヘルプデスク(TEL:070-4471-9090または070-2832-8421)

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理、食品衛生責任者の設置

営業届出業種の営業者は

「HACCPに沿った衛生管理」と「食品衛生責任者の設置」が令和3年6月1日から義務付けられます。

 

なお、1回の提供食数が20食程度未満の給食施設については「HACCPに沿った衛生管理」、「食品衛生責任者の設置」及び「営業の届出」の規定は適用されません。

 

HACCPに沿った衛生管理についてはこちらへ

 

食品衛生責任者についてはこちらへ

 

〔参考〕

食品衛生法等の一部を改正する法律の施行に伴う集団給食施設の取扱いについて(令和2年8月5日付け事務連絡)

相談窓口

不明な点がある場合は、最寄りの保健所にご相談下さい。

 

 【県内の保健所一覧】
保健所名 電話番号 住所
松江保健所 0852-23-1317 松江市東津田町1741-3
雲南保健所 0854-42-9667 雲南市木次町里方531-1
出雲保健所 0853-21-1185 出雲市塩冶町223-1
県央保健所 0854-84-9805 大田市長久町長久ハ7-1
浜田保健所 0855-29-5561 浜田市片庭町254
益田保健所 0856-31-9551 益田市昭和町13-1
隠岐保健所 08512-2-9715 隠岐郡隠岐の島町港町塩口24

 

 


お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、第2分庁舎 別館3階にあります)
TEL:0852-22-5260(水道グループ)
     0852-22-5259(薬事・営業指導グループ)
     0852-22-6532(感染症グループ)
     0852-22-6313(食品衛生グループ)
     0852-22-6176(ワクチン接種支援班)
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp