• 背景色 
  • 文字サイズ 

大規模小売店舗立地法の規定による市町村の意見の概要

島根県告示第291号
令和3年島根県告示第92号で告示した次の大規模小売店舗について、大規模小売店舗立地法(平成10年法律第91号)第8条第1項の規定により、出雲市から意見を聴取したので、同条第3項の規定によりその概要を告示し、当該意見を縦覧に供する。
令和3年4月9日
島根県知丸山達也
1.大規模小売店舗の名称及び所在地
(仮称)マックスバリュ出雲稲岡島根県出雲市稲岡町37外

2.意見の概要
1

(1)車両が駐車場から道路へ出る際に、左右の安全確認が容易にできるよう十分な視界を確保すること。

(2)開発区域周辺道において交通渋滞が発生しないよう公安委員会、各道路管理者等と協議のうえ対策を講じること。
(3)店舗西側からの出入りについては、出入口付近に誘導看板等を設置のうえ、交通事故防止、混乱防止等の措置を講じること。

(4)周辺道路の交通量の増加及び店舗駐車場北側の出入口が歩道に面していることなどから、児童生徒の登下校時の安全確保のために、注意喚起の表示設置や警備員の配置等が必要である。
(5)店舗開店直後などの繁盛期には、適宜、交通整理員を配置するほか、臨時駐車場を確保するなど、十分な渋滞対策を講じること。

(6)開店後も、実際の渋滞状況や交通安全諸問題の発生に応じて、必要な措置を継続して講じること。
(7)駐車場内の見通しを確保し、監視性を高めること。
警備員による定期的な巡回を行い、少年の溜まり場にならないよう注意すること。

(1)店舗立地予定地周辺では、店舗側に歩道は設置されていないが、歩行者・自転車の通行が見込まれる。よって、店舗駐車場から道路へ出る際の接触事故を防ぐため、出入口付近には高い壁・植樹等の設置を避け、安全確認が容易に出来る環境にしておく必要がある。また、駐車場から道路に進出する車両等に対し、標示等により進出前に停止を促す措置を十分に講じる必要がある。
(2)開発区域周辺道路は、通行車両が多いことが予想されるため、混乱・事故が生じないように対策を講じておく必要がある。
(3)右折(対向車通過)待ちの車両等による慢性的な交通渋滞や追突等の交通事故が発生しないよう、かつ、来客車両が計画されている進入・進出経路を通行するよう適切な案内看板・標示等の設置が必要である。
(4)川跡幼稚園、北陽小学校及び第三中学校の児童生徒の登下校時の安全確保及び学校教育活動に影響があると考えられるため。

(5)平素より多くの来客が見込まれる際は、車両を停滞させることなく、円滑に進行させるため、適宜、交通整理員の配置が必要となる。また、既設の駐車スペースだけでは足りず、交通渋滞を招くおそれもあるため、臨機に必要十分な駐車スペースを適切な位置に確保し、渋滞緩和の措置を講じる必要がある(臨時駐車場と店舗を結ぶ動線について、「道路幅員が狭い」・「歩道等により歩行者と車が分離されていない」等の事情がある場合は、必要に応じて、誘導員の配置や誘導看板の設置等を検討し、混乱や接触事故の発生を防止すること)。
(6)開店後、交通渋滞や交通安全等諸問題が発生した場合は、周辺地域の生活環境の保持のため、関係機関・団体等との連携を図るなど、迅速かつ適正な対処が必要である。

(7)少年の蝟集場所にならないよう、警備員等による定期的な巡回が必要である。

 

意見の概要
2

(1)早朝の荷さばき作業による騒音について、通常行う騒音対策にあわせ徹底した騒音(防音)対策を行うこと。また、搬入車両について近隣住民の安眠を妨害することがないよう検討し実施すること。
長時間使用する室外機、受電設備等の稼働時に発生する騒音について、防音及び防振対策を講ずること。早朝及び夜間における近隣住民の安眠を妨害することがないよう防音対策を講ずること。また、機器に異常が発生した場合は、速やかに修繕すること。
敷地内に照明等設置する時は周辺の住宅に影響を与えないよう十分配慮すること。
店舗に設置される排気施設について、排出される臭気が近隣住民の生活に支障を生じさせないよう配置や構造に配慮すること。

(2)店舗南東方向に室外機を設置するとのことであるが、室外機の設置位置を変更してほしい。変更不可であれば、川跡幼稚園に対する何らかの対策をとってほしい。
(3)1.7メートルの防音壁を設置されるにあたり、風通しが悪くなることが想定される。川跡幼稚園に対する何らかの対策をとってほしい。(遊戯室にエアコン設置を要望)
(4)騒音及び粉塵飛散等による体育や音楽等の授業への影響及び児童生徒の健康被害に対する配慮が必要である。

(5)周辺の住民や事業所等に当該事業についての事前説明を十分に行うこと。
周辺住民等から公害等に関する苦情があった場合には、誠心誠意対応し、その解決に向け努力すること。

(1)周辺住民等の生活環境に悪影響を及ぼす懸念があるため。

(2)店舗南東方向に室外機を設置するとのことであるが、川跡幼稚園遊戯室に隣接している。換気の面においても、また熱中症対策においても遊戯室の窓を開けることは必須である。しかし、窓を開けると熱風がくるのではないかと想定される。
(3)防音壁があることで、風通しが悪くなることが考えられる。熱中症対策、感染症対策について何らかの措置を講じていただきたい。

(4)川跡幼稚園、北陽小学校及び第三中学校の児童生徒の登下校時の安全確保及び学校教育活動に影響があると考えられるため。
(5)周辺住民等に対し責任ある対応を求めるため。

3 (1)店舗改装工事に伴う工事車両の出入りの際に、積載物の落下などにより道路の汚損・破損のないよう注意を喚起すること。
道路に汚損・破損が生じた場合は、速やかに関係機関に連絡し、原形に復旧すること。
なお、工事着手前に各道路管理者と道路面の状況等確認の立ち会いを行うこと。
(2)道路上に広告看板、のぼり旗等を設置しないこと。

(1)道路法第22条(工事原因者に対する工事施工命令等)及び道路法第58条(原因者負担金)による。

 

 

(2)道路法第32条(道路の占用の許可)による。

3縦覧場所
出雲市経済環境部商工振興課(出雲市今市町70番地)
4縦覧期間
告示の日から1月間


お問い合わせ先

中小企業課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
・金融グループ(県内中小企業に対する融資、貸金業法及び割賦販売法、信用保証協会などに関すること)TEL:0852-22-5883
・団体グループ(中小企業等協同組合法、事業継続力強化アドバイザー派遣事業などに関すること)TEL:0852-22-6554
・商業・サービス業支援グループ(大規模小売店舗立地法、地域商業等支援事業、官公需などに関すること)TEL:0852-22-5655
・経営力強化支援室(事業承継総合支援事業、経営革新計画、中小企業・小規模企業支援計画などに関すること)TEL:0852-22-5288
FAX:0852-22-5781
E-mail:keiei@pref.shimane.lg.jp