• 背景色 
  • 文字サイズ 

石見根付(いわみねつけ江津市

石見根付

 石見根付は、清水巌(1733年生)を祖とし、娘の文章女、孫の巌水及びその一門が完成させた技巧であり、クモ、カエル、ムカデなどの身近な生き物を図柄とし、猪の牙、海松(珊瑚の一種)や硬質な木を材料として、多くの秀作が残されている。特に浮彫り、毛彫りの手法は優れ、「石見もの」「石見派」として高く評価されている。この技法もいったんは後継者が途絶えたものの田中氏がこの技術を継承し現在に至っている。

 
【製造過程素材の選定→切断→荒削、中彫→仕上げ(細部に亘って彫り込む)→磨き→彩色→彫銘
【主な製品根付け、木彫面、置物、衝立、扁額、アクセサリー
【田中俊き(※)】※「目」へんに「希」
〒695-0016江津市嘉久志町1902-2TEL0855-52-5855
平成16年3月31日指定

 

 

 

 

AllRightReserved(C)島根県しまねブランド推進課

 


お問い合わせ先

しまねブランド推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5128
FAX:0852-22-6859
brand@pref.shimane.lg.jp