• 背景色 
  • 文字サイズ 

安来織(やすぎおり安来市

安来織の写真

 安来織は絣織から発展したもので、その技法が確立したのは江戸時代だといわれている。よこ糸に絣を織った絵絣の工芸品であるが、もとは絹糸を使用していた。しかし、絹糸が手に入りにくくなったため現在の素材となったのである。絣はよこ糸として手で括らせ、藍で先染めし織り上げた製品は、強いうえ洗えば洗うほど絵模様が鮮明になり独自の美しさが出てくる。河井寛次郎からのアドバイスを受けながら製作し、彼の展示会に出品した際の評判の良さがきっかけとなり本格的につくられるようになった。安来織のトレードマークは、棟方志功の描いた観音様が図案となっている。また、元県知事の田部長右衛門や版画家の長谷川富三郎といった著名人らも原画を手がけている。

 

【製造過程】種糸づくり→糸染め→機織
【主な製品】のれん・帯・テーブルセンター・ざぶとん
【遠藤京子】
〒692-0011安来市安来町1397TEL0854-22-2578
昭和57年3月31日指定

 

 

 

 

 

AllRightReserved(C)島根県しまねブランド推進課

 


お問い合わせ先

しまねブランド推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5128
FAX:0852-22-6859
brand@pref.shimane.lg.jp