• 背景色 
  • 文字サイズ 

広瀬絣(ひろせがすり安来市広瀬町

広瀬絣の写真データ 広瀬がすり文様

 広瀬絣は、文政7年(1824年)、長岡貞子が米子で絣の染織法を伝授されて帰郷し、婦女子に伝えて広めたのが始まりとされる。広瀬藩の絵師・堀江友声の図案で織られた絣も多くあった。広瀬絣の特徴は、和紙に柿渋を塗り文様を縦長に拡大して切り抜く独特の型紙を使い手括りし、絵模様と幾何模様とを組み合わせた大柄な模様にある。この模様は、現代にも通じる新しい感覚の図柄が多い。高機で絣糸を文様通り織り上げるその作品は、斬新でありながらも手作りによる素朴で自然な味わいを持つ。広瀬絣は正藍染にし、手織りで丹念に織りあげる大変手間がかかるものだが、それだけに堅牢。弓浜絣・倉吉絣と並ぶ山陰の代表的な絣であり、県の無形文化財に指定されている。

 

【製造工程】

型紙制作→緯綜台に型付け→括り→藍染→機織→仕上げ

【主な製品】

着尺・布団地・のれん・テーブルセンター・小物入れ等

【天野紺代表天野尚】
〒692-0404安来市広瀬町広瀬968TEL0854-32-3384
昭和57年3月31日指定
(平成22年2月26日指定の変更)
【広瀬絣技術保存代表永田佳子】
〒692-0404安来市広瀬町広瀬1858-4TEL0854-32-3862
平成23年3月14日指定

AllRightReserved(C)島根県しまねブランド推進課


お問い合わせ先

しまねブランド推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5128
FAX:0852-22-6859
brand@pref.shimane.lg.jp