• 背景色 
  • 文字サイズ 

温泉津焼(ゆのつやき大田市温泉津町


温泉津焼

 温泉津焼は宝永年間(1704年)に始まり、主に「半斗(はんど)」と呼ばれた水瓶を造り、日本各地に出荷し、大いに栄えた。昭和40年代、化学製品(プラスティック)の発達で需要に対応できず、一時は衰えたが、その後、窯を再興させての製作活動が行われている。耐火性の高い石見粘土を使用し、さらに高温(1300℃)で焼成するため、硬く焼き上がり割れにくい利点がある。このため耐用年数も長く、日用食器に適している。

 

【製造過程】成型→仕上→乾燥→素焼き→施釉→窯詰→焼成→窯出
【主な製品】日用の和洋飲食器、日用の装飾品(花瓶等)
【荒寛】
〒699-2501大田市温泉津町イ−12-2TEL0855-65-2022
平成16年3月31日指定
【あら(※)尾浩一】※「荒」のくさかんむりを旧字体で表記
〒699-2501大田市温泉津町イ−3-4TEL0855-65-2286
平成16年3月31日指定
【森山雅夫】
〒699-2501大田市温泉津町イ−3−TEL0855-65-2420
平成16年3月31日指定

 

 システムの制約上、漢字表記をしていない場合がありますので、ご了承ください。
AllRightReserved(C)島根県しまねブランド推進課

 


お問い合わせ先

しまねブランド推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5128
FAX:0852-22-6859
brand@pref.shimane.lg.jp