内水面の生物

 島根県水産技術センターでは、県内の河川・湖沼の貴重な水産資源の保護・増大とその漁場環境の保全・改善を研究の大きな柱としております。
特に、島根県には我が国で最も規模が大きく、典型的な汽水湖である宍道湖、中海があります。汽水湖は非常に貴重な生態系をなし、且つ大きな生産量を持っています。このページでは宍道湖・中海の重要な魚介類について宍道湖七珍を中心に紹介します。
また島根県には、自然豊かな素晴らしい河川も残されています。特に高津川、江川をはじめとする7つの河川では漁業協同組合が中心となって、アユ、モクズガニ、ウナギなどの水産資源の維持・増大と魚の棲みやすい河川環境の創造に努力しています。ここでは河川漁業において重要種であるアユとモクズガニ、漁業資源としての価値は低いものの、河川において最も普通に見られる、カワムツとオイカワ、そして、島根県内でも特に珍しく、貴重でありながらその生存が危惧されるゴギ、オヤニラミを紹介します。


○宍道湖・中海に棲む代表的な生物
ヤマトシジミ

シラウオ

ワカサギ

スズキ

ヨシエビ

テナガエビ

ウナギ

コイ

マハゼ

コノシロ

サッパ

○島根県の河川に棲む代表的な生物

アユ

ヤマメ

モクズガニ

オイカワ

カワムツ

○島根県の希少種
ゴギ

オヤニラミ


○参考資料:島根県内の淡水魚・汽水魚の地方名

お問い合わせ先

水産技術センター

島根県水産技術センター(代表)
〒697-0051 浜田市瀬戸ヶ島町 25-1
TEL.0855-22-1720 FAX.0855-23-2079 E-Mail: suigi@pref.shimane.lg.jp

企業広告
ページの先頭へ戻る