• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県農業再生協議会

(目的)

 島根県農業再生協議会とは、農業経営の安定と国内生産力の確保を図り、もって食料自給率の向上と農業の多面的機能を維持

するために、経営所得安定対策等の推進及びこれを円滑に実施するため、需要に応じた米の生産・販売の推進、麦・大豆等の戦略

作物や地域振興作物等の生産振興、認定農業者及び集落営農組織等の担い手育成、荒廃農地の再生利用等に資することを目的とし

て設立されたものです。

 

島根県農業再生協議会のホームページ(外部サイト)へのリンク

経営所得安定対策等

(目的)

 経営所得安定対策では、担い手農家の経営の安定に資するよう、諸外国との生産条件の格差から生ずる不利を補正する

交付金(ゲタ対策)と、農業者の拠出を前提とした農業経営のセーフティネット対策(ナラシ対策)を実施しています。

 また、食料自給率・食料自給力の維持向上を図るため、飼料用米、麦、大豆など戦略作物の本作化を進め、水田のフル

活用を図る水田活用の直接支払交付金を実施しています。

 

農林水産省の経営所得安定対策関連のホームページ(外部サイト)へのリンク

水田フル活用ビジョン

(目的)

 「水田フル活用ビジョン」は水田活用の取り組み方針を記載したもので、地域の特色ある魅力的な産品の産地を創造するため、

 二毛作や耕畜連携を含め、産地づくりのための方向性を示すものです。

 島根県域版「水田フル活用ビジョン」は次のとおりです。平成30年度島根県水田フル活用ビジョン

 

 また、水田活用の直接支払交付金(産地交付金)では、地域で作成する「水田フル活用ビジョン」に基づき、地域の特色ある魅力的な

産品の産地づくりに向けた取組支援がなされています。

 

※農林水産省のHPに全国各県の取り組み事例が紹介されていますのでご覧ください。

 島根県からは、江津市農業再生協議会の「大麦若葉の新産地育成」の取り組みが紹介されております。

(農林水産省HPの産地交付金による産地づくり事例(外部サイト)へリンク)

 

※県内の産地交付金による産地づくりの主要な事例を下記のとおり紹介します。

・飯南町地域農業再生協議会(トマト、メロン、パプリカの産地育成)

・斐川町地域農業再生協議会(新たな土地利用型作物「ハトムギ」の産地化への取り組み)

・川本町地域農業再生協議会(エゴマの特産品化による産地育成)

・浜田市地域農業再生協議会(地元ブランド味噌の白大豆生産振興)

 

水田農業展開モデル

農林水産総務課のページへ移動

 


お問い合わせ先

農産園芸課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5131
FAX:0852-22-6036
nosan-engei@pref.shimane.lg.jp