• 背景色 
  • 文字サイズ 

生産技術支援対策

有機栽培実証ほ

島根県で研究された「有機栽培」技術の成果を現場で実証し、地域への技術波及を図るため、実証ほを設置しています。

令和2年度からは、実需と結びついた生産を行う有機農業者をモデル農家に位置づけ、有機農産物の安定生産及び販路拡大に向けて課題解決を図るためのマッチングモデル実証ほを県内に設置しています。

 

 ・有機米マッチングモデル実証ほ3カ所(出雲市、江津市、吉賀町)

 ・有機大豆マッチングモデル実証ほ2カ所(江津市、益田市)

 ・有機野菜マッチングモデル実証ほ4カ所(安来市、江津市、吉賀町)

 

水稲の有機栽培

除草剤を使わない米づくり

・「除草剤を使わない米づくり」を実施する水田に「除草剤ゼロ米」看板を設置する取組を行っています。

この看板は「除草剤を使わない米づくり」の認知度を向上させ、生産・販売拡大につなげるため設置するもので、希望

する農家の方へ配布します。

「除草剤ゼロ米」看板設置届

 

・除草剤を使わない米づくりの生産及び販売を促進するため、「除草剤不使用米」デザインを使用することができます。

希望される方は使用届を提出してくださいシール

「除草剤不使用米」デザイン使用規定

「除草剤不使用米」デザイン使用届

 ※使用規定、使用届については、「農産園芸課」を「産地支援課」としてください。

 

田んぼの生き物ガイド

島根県では生物多様性を育む、環境にやさしい米づくりが各地で行われています。

この環境への負荷を軽減した農業の技術を、田んぼの生き物調査を通して効果を検証しました。

 

県内のモデル技術と田んぼの生き物一覧、生き物調査の方法等について「田んぼの生き物ガイド」にまとめています。

詳しくはこちらをご覧ください

 

水稲有機栽培技術推進ネットワーク

県内の水稲有機栽培の拡大のため、平成23年度から水稲有機栽培実践者および志向者相互の情報交換や技術研鑽を目的として、ネットワークを設置しています。

ネットワークへの加入は随時受け付けていますので、希望される方は産地支援課まで申込書を提出してください。

設置要領(PDF:88KB)

ネットワーク加入申請書(Excel:35KB)

 

水稲有機栽培技術交流セミナー

水稲の有機栽培技術の向上、ネットワーク会員の相互研鑽を図るため、年2回セミナーを開催しています。

セミナーの開催時期、内容についてはこちら

 

園芸作物の有機栽培

園芸作物栽培技術交流セミナー


お問い合わせ先

産地支援課

〒690-8501
島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5131
FAX:0852-22-6036
Mail:sanchishien@pref.shimane.lg.jp