• 背景色 
  • 文字サイズ 

森林の立木を伐採する場合

森林の立木を伐採するときには届出が必要です。

 1.立木を伐採するときは、事前に「伐採及び伐採後の造林の届出書」

 2.伐採後の造林が完了したときは、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」

 を提出することが森林法で義務づけられています。

 

 伐採及び伐採後の造林の届出について(リーフレット)【PDF:1,064KB】

 

●対象者

 森林所有者や立木を買い受けた方など

 ※立木を伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合は、それぞれが伐採計画書、

 造林計画書を作成し、届出書を連名で提出します。

 

●届出期間

 1.伐採及び伐採後の造林の届出:伐採を始める90日から30日前まで

 2.伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:造林を完了した日から30日以内

 

●届出先

 伐採・造林する森林がある市町村の長

 

 

令和4年4月1日から「伐採及び伐採後の造林の届出制度」が変わりました

 令和3年6月15日付けで森林・林業基本計画の策定及び全国森林計画の変更が閣議決定され、新たな基本計画等に基づいて適正な伐採と更新の確保を図るべく、森林計画制度の見直しが図られました。

 これに伴い、令和4年4月1日から「伐採及び伐採後の造林の届出制度」も変更されました。主な変更点は以下のとおりです。

 

・伐採する者、伐採後に造林する者それぞれが伐採計画書、造林計画書を提出する。

・集材方法についての項目を伐採計画書に記載する。

・鳥獣害対策についての項目を造林計画書に記載する。

・「伐採後の造林の終わった時」に加え、「伐採の終わった時」にも状況報告書を提出する。

 

届出・報告書の様式(R4.4.1~)

 改正後の届出・報告書の様式はこちらからダウンロードできます。

 

1.伐採及び伐採後の造林の届出(R4.4.1~)

 ・伐採及び伐採後の造林の届出書(様式)【Word:40KB】

 ・伐採及び伐採後の造林の届出書(記載例)【PDF:310KB】

 

 ・伐採及び集材に係るチェックリスト【Word:34KB】

 ・搬出計画図(記載例)【PDF:165KB】

 ※主伐の際、伐採及び伐採後の造林届出書に添付が必要。

 

2.伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告(R4.4.1~)

 ・伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(様式)【Word:39KB】

 ・伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(記載例)【PDF:239KB】

 

※注意:届出が必要ない場合もあります。届出が必要かどうか、どのような届出が必要か等に関する詳細な内容については、

 最寄りの市町村林務担当課、または島根県各農林水産振興センター及び隠岐支庁農林水産局の事務所(地域事務所を含む)までお問い合わせください。


お問い合わせ先

森林整備課

島根県 農林水産部 森林整備課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
・森林計画グループ(地域森林計画、森林情報など)TEL:0852-22-5178
・森林保全グループ(保安林、林地開発など)TEL:0852-22-5169
・森林育成・間伐グループ(造林、種苗、森林病害虫の防除など)TEL:0852-22-5177
・治山グループ(治山事業、地すべり防止事業など)TEL:0852-22-5172
・林道グループ(林道事業、林道の災害復旧事業など)TEL:0852-22-5171
・森林環境保全スタッフ(島根CO2吸収認証制度、島根CO2固定量認証制度、企業参加の森づくり推進など)TEL:0852-22-6541
FAX:0852-22-6549
E-mail:shinrin@pref.shimane.lg.jp

国有林野の活用についてはこちらをご確認ください
https://www.rinya.maff.go.jp/j/kokuyu
_rinya/gaiyo/kasituke/kokuyuurinyano
katsuyou.html