• 背景色 
  • 文字サイズ 

スミパインマイクロカプセル剤について

 

マイクロカプセル(Micro-capsule、略称MC)とは


カプセル剤とは、薬剤等の製剤方法の一種であって、目的とする薬剤が、通常の状態では直接外部に作用しないよう、ある種の膜物質等で包み込んだものをいう。

マイクロカプセル剤説明図

MC化した農薬の特徴


(1)薬剤の徐放化(2)毒性の軽減(3)薬剤の安定化など

スミパインMC剤について

 スミチオンのマツノマダラカミキリに対する松枝上での残効期間を長くして、空中散布における現行の2回散布を1回散布とすることおよび自動車塗装に対する変色軽減を目的として開発されたもので、膜物質はポリウレタン、平均粒径は20ミクロンである。

1.有効成分

農薬の種類

MEPマイクロカプセル剤

農薬の種類

名称

スミパインMC

有効成分の種類

0,0ージエチルー0ー(3-メチルー4ーニトロフェニル)チオホスフェート

有効成分含有率

23.5%

一般名

フェニトロチオン

農薬の種類

MEP

人畜毒性

普通物

(毒物・劇物に該当しない農薬を指して言う通称)

魚毒性

B類相当

2.使用薬剤量、希釈率および散布量(一般散布の場合:ha当たり)

農薬の種類

MEPマイクロカプセル剤

農薬の種類

使用薬剤量

12リットル

希釈倍率

2.5倍

散布量

30リットル

3.薬剤投下量

農薬の種類

MEPマイクロカプセル剤

農薬の種類

ha当たりのMEP投下量

3.03kg
1.076(比重)×0.235(含有割合)×12リットル×1回

4.マツノマダラカミキリに対する残効期間

農薬の種類

MEPマイクロカプセル剤

農薬の種類

残効期間

8〜10週間程度

参考資料:「スミパイン乳剤およびスミパインMCに関する技術レポート(普及第4版、平成21年3月)」(スミパイン技術レポート編集委員会)


お問い合わせ先

森林整備課

島根県 農林水産部 森林整備課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
・森林計画グループ(地域森林計画、森林情報など)TEL:0852-22-5178
・森林保全グループ(保安林、林地開発など)TEL:0852-22-5169
・森林育成・間伐グループ(造林、種苗、森林病害虫の防除など)TEL:0852-22-5177
・治山グループ(治山事業、地すべり防止事業など)TEL:0852-22-5172
・林道グループ(林道事業、林道の災害復旧事業など)TEL:0852-22-5171
・森林環境保全スタッフ(島根CO2吸収認証制度、島根CO2固定量認証制度、企業参加の森づくり推進など)TEL:0852-22-6541
・鳥獣対策室(野生鳥獣の保護管理・農林作物などへの被害防止対策、狩猟など)TEL:0852-22-5160
FAX:0852-22-6549
E-mail:shinrin@pref.shimane.lg.jp