危険ドラッグにご注意ください

 益田保健所では、地域住民の健康を守り、保健衛生上の危害発生を未然に防ぐ観点から、危険ドラッグに対して周知しています。

(外部サイト)厚生労働省ホームページ

 

危険ドラッグとは?

麻薬、覚せい剤等のように、多幸感、精神的快感等を高めるものとして販売されている商品のことです。

これらは、麻薬等に類似する成分を含んでいるものであり、「合法ハーブ」「お香」「アロマ」などと称して、あたかも安全な物として販売されています。

 

危険ドラッグを使用したら健康被害があるの?

危険ドラッグを使用することにより、麻薬、覚せい剤等と同様の幻覚、意識障害、呼吸困難などの症状が出る事例が起きています。
また、使用した者の健康を害するのみならず、錯乱状態に陥り他人に危害を及ぼすなど社会全体の問題となっています。

 

 

お問い合わせ先

益田保健所

〒698-0007 島根県益田市昭和町13-1
TEL0856-31-9535(夜間・休日0856-31-9500)
FAX0856-31-9568
masuda-hc@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る