• 背景色 
  • 文字サイズ 

竹島-平和的解決を-

竹島問題に関する調査研究

竹島問題の平和的解決のためには、竹島に関する歴史的事実の調査や国際法に即した分析などにより、日韓両国の主張を整理、検証していくことが必要です。このため、県では、県内外の専門家を構成員とする竹島問題研究会を設置するなど、客観的な研究を行っています。

昨年は、竹島で採れた岩海苔の製造に関する証言、官公庁に保管されていた竹島のリン鉱石の試掘原簿と鉱区図などにより、昭和初期における竹島での経済活動の実態がより明らかになり、我が国が竹島を実効支配していたことが改めて確認されました。今後も、資料の収集や分析、また関係者への聞き取り調査など、竹島領有権についての調査研究を進めてまいります。


竹島のリン鉱石の試掘に係る鉱区図の写真
竹島のリン鉱石の試掘に係る鉱区図


竹島資料室での啓発の充実

県は、平成19年4月に竹島資料室を設置し、竹島に関する文献や竹島問題研究会の研究成果の公開など、竹島問題の広報啓発に取り組んでいます。夏休み期間中には、絵本「メチのいた島」を読む会を行うなど、子ども向けの啓発活動も進めています。

また、昨年8月には、県西部において竹島問題への関心を高めることを目的として、初めての企画、「出張竹島資料室」を浜田市役所で開催しました。

竹島資料室では、今年も「竹島の日」に合わせて、2月に特別展示を開催します。ぜひお立ち寄りください。


出張竹島資料室(浜田市役所ロビー)の写真
出張竹島資料室(浜田市役所ロビー)


絵本「メチのいた島」を読む会の様子の写真
絵本「メチのいた島」を読む会の様子


学校における学習の充実

県内では、県が作成した副教材DVDや竹島学習リーフレット、領土に関する教育ハンドブック等を活用して、すべての公立小・中・高・特別支援学校において竹島に関する学習が行われています。

昨年10月には、政府主催の「領土・主権に関する教員等セミナー」が、松江市と隠岐の島町において開催されました。3年目となる今回のセミナーでは、高等学校の地理歴史科・公民科を担当する各都道府県の指導主事や教諭約50人が参加。関係省庁や専門家による講義、竹島に関する授業の視察、久見竹島歴史館などの見学、研究協議等を通して、充実した領土教育のあり方について活発な意見交換が行われました。このセミナーを、本県の教育現場での取り組みを全国に広げる機会としています。


県立松江北高等学校での公開授業の写真
県立松江北高等学校での公開授業


2月22日は「竹島の日」です

みなさんも竹島について考えてみませんか



●問い合わせ先
総務課(TEL:0852・22・6766)


竹島資料室:県庁第3分庁舎2F
●開室時間/9:00〜17:00
●休室日/火曜日・年末年始(TEL:0852・22・5669)



お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp