• 背景色 
  • 文字サイズ 

中山間地域の地域研究フレームと研究成果

 このページの構成は、以下のとおりです。

  • 地域研究の基本フレーム
  • トピックス
  • 令和3年度の研究
  • 研究成果(過去の業績)
  • 共同研究・受託研究

地域研究の基本フレームー地域研究の基本的な考え方と今後重要となる領域ー

社会科学的な視点から、持続的な地域システムへの形成を支援するシンクタンクとして、実態分析、シミュレーション、モデル構築、政策立案・評価機能を発揮していきます。

※地域研究の基本フレームはこちらからご覧いただけます。
 

トピックス

令和3年度の研究

第5期(令和2〜6年度)研究の枠組み

 重点研究・地域モニタリング調査・共同研究の構成で調査研究を実施しています。

研究の枠組み

重点研究(研究期間:前期はR2〜3年度の2年間)

 「次世代育成環境づくり」「暮らしの環境づくり」「定住の流れづくり」に関わる5本の研究課題を実施していきます。

 

研究の全体像

 

 

新たな時代に対応した地域コミュニティの運営体制と展開手法

内容:地域運営組織における体制や事務局の状況を把握し、事務局に求められる人材像や世代交代のタイミングを明らかにする

調査項目:人口規模に応じた適切な地域運営体制と事務局が担う機能

地域運営に必要な人材・スキルと円滑な世代交代手法

地域運営組織に必要な財源確保状況

地域運営組織の状況に応じた支援体制のあり方

 

人口減少に対応しうる生活機能維持の仕組みと運営体制

内容:地域住民組織による生活機能維持の仕組みを検討、運営体制、行政の効果的な支援施策を整理する

調査項目:生活機能維持の仕組みの持続的展開に必要な条件の整理

(※生活機能:生活支援、移動支援、買い物環境維持を想定)

生活機能維持の仕組みの立上手順の整理

地域運営組織と企業が連携した生活機能維持事業等の可能性検証

 

中山間地域における少子化要因及び子育てしやすい社会経済環境

内容:少子化要因の分析と所得水準・子育て時間・就労条件、支援サービス等を総合的に分析し、子育てしやすい社会条件を整理する

調査項目:世帯の状態と出生の関係性(仮説)整理

地域の子育環境と出生の関係性(仮説)整理

 

若者世代の定着のための条件整備

内容:Uターンの条件把握(Uターンの障壁・他出時の出身地との関わり等)と地域づくりに若い世代が関わる上での条件や体制を把握し、若者世代の定着に必要な条件を整理する

調査項目:地域のUIターンをしている若者の意識の把握、地域活動への関わり方の把握

移住・定住促進に向けた地域の取組内容、実施体制の把握

地域活動への若者世代の関わりの把握

 

他出者と出身地域の関わりの拡大

内容:関係人口や他出子の把握、果たしている機能や役割、地域住民や集落活動がどのように関係しているのかを把握する

調査項目:地域のUIターンをしている若者の意識の把握、地域活動への関わり方の把握

移住・定住促進に向けた地域の取組内容、実施体制の把握

地域活動への若者世代の関わりの把握

 


上記研究課題をまとめた研究カタログ『地域研究科ー令和3年度研究カタログ』(PDF形式:9.08MB)


 

研究成果(過去の業績)

 過去の研究について、各テーマから研究概要をご覧いただけます。

 

◇コミュニティ

 ・地域の現状把握手法の開発および小さな拠点づくりの今後の展開の枠組みについての研究

 ・地域包括ケアと連携した小さな拠点づくり

 ・中間支援組織の実態把握と連携の可能性検証

 ・中山間地域の地域運営における都市住民の役割〜地域運営に貢献する二地域居住者を中心に〜

 ・地域経営手法の確立に関する研究(集落運営から「郷」づくりへ)

 ・持続可能なコミュニティ運営に関する研究

 ・中山間地域における次世代型交通システム

 

◇コミュニティ(経済)

 ・住民組織による経済事業の持続的運営手法についての研究

 ・次世代を支える地域経済循環手法の研究

 ・都市住民を対象とした来訪型産業クラスターの構築に関する研究〜産直市を核とした6次産業化の手法と効果〜

 

◇環境・体育教育分野

 ・中山間地域における適正な農林地の利用・管理に関する研究

 ・中山間地域の自然や環境を利用した体験事業の推進に関する研究

 

◇次世代定住

 ・地域による合計特殊出生率の差異の要因分析

 ・子育て世帯の家計、働き方、暮らし方、子どもの教育環境の把握と定住に有効な条件整備の研究

 

◇人材育成・確保

 ・他出子と出身地・世帯の関わりと連携の可能性

 ・外国人の定住の課題と可能性分析

 ・外部人材の募集、制度運用、定着支援条件の整理

 

共同研究・受託研究

中山間地域研究センターでは、調査研究内容の充実、幅広い成果普及に向けて、市町村や他の研究機関、様々な主体と共同研究、受託研究を実施しています。

中国5県共同研究(中国地方知事会中山間地域振興部会共同研究)

その他共同研究・受託研究


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp