• 背景色 
  • 文字サイズ 

4.高齢ドライバーに心がけて頂きたいこと

高齢化の進展に伴い、高齢の運転免許保有者数も増加し、高齢運転者が第1の当事者となる交通事故の割合が増加傾向です。

高齢ドライバーの皆様は、日頃から次のことを心がけましょう。

 

 

補償運転(※)を行いましょう

 

※補償運転とは、

 加齢による運転への影響を自覚して、自分の運転能力に応じた慎重な運転に努めることいい、

 危険を避けるために、「運転するときと場所を選択」し、運転能力が発揮できるよう「心身及び環境を整え」、加齢に伴う「運転技能の低下を補うような運転方法をとる」ことをいいます。

 例えば

・余裕をもった運転計画をたてる(運転準備)

・夜間や雨の日の運転を控える(運転制限)

・後続車が迫ってきたら脇によけて先に行かせる(避難運転)

・ラジオなどを聞かずに運転する(運転集中)

 

この様な運転を日頃から心がけましょう。また、ご家族の方は高齢者に声がけを行いましょう。

 

 

 

安全運転サポート車(サポカーS)に乗りましょう

 

 近年、自動車の安全機能が格段に充実してきています。

 「自動ブレーキ」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」等の技術を搭載した安全運転サポート車(サポカーS)は高齢ドライバーの交通事故の防止に有効であるとされており、国においても、安全運転サポート車の使用を推奨しています。

 

ただし、これらの先進技術はあくまで安全運転をサポートするものです。日頃の安全運転の心がけは変わらず必要です。

 

・サポカー・サポカーS(安全運転サポート車)のWEBサイト(外部サイトへ(経済産業省))

 

 

戻る

 

 


お問い合わせ先

交通対策課

島根県地域振興部交通対策課
住所:〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
電話:地域交通スタッフ 0852-22-5099・5958・6508・6510・6788
     航空スタッフ 0852-22-6479・5938
     交通安全スタッフ 0852-22-5100・5101
     萩・石見空港利用促進対策室 0856-31-1353・0365
FAX:0852-22-6511
Eメール:koutuu@pref.shimane.lg.jp