科学捜査研究所

業務内容

 

科学捜査研究所
鑑定・検査 警察署等から鑑定嘱託を受け、検査を実施

現場鑑定

事件現場へ出動し、簡易検定・検査・原因究明
研究・開発 鑑定、検査技術の研究開発、鑑識機材の開発

技術指導

警察署の鑑識担当者に対する指導・教養

 

 島根県警の科学捜査研究所には、法医・化学第一・化学第二・物理・人文の5つの科があります。科学捜査研究所の職員は、専門的知識や技術を生かして犯罪現場から採取された資料等の鑑定・検査を行っています。その結果は、犯罪捜査や裁判の証拠として活用されています。また、多様化する犯罪にいつでも対応できるように、鑑定検査技術の向上とその研究開発にも努めています。

 

法医科

 

法医科
血液・唾液等の体液、毛髪・骨・皮膚等の組織についてDNA型あるいは血液型検査を行っています。

また、防犯カメラ等で撮影された人物の顔画像と捜査対象者の顔写真との異同識別も行っており、個人識別を主とする業務を担当する部門です。

写真1

 

 

化学第一科

 

化学第一課

麻薬、覚せい剤、大麻等の法規制薬物の所持や使用の証明。

飲酒運転等に関係する血中アルコール濃度の検査。

青酸・農薬等の毒劇物や、睡眠薬等の医薬品の混入・摂取の証明。

飲食物への異物混入事案や有毒ガス等、体内に摂取あるいは接触することにより人体に影響を及ぼす物質の鑑定を主とする業務を担当する部門です。

写真2

 

 

化学第二科

 

化学第二課

 

殺人事件の凶器に付着した微細な繊維片と被害者着衣との異同識別。

爆発事件の現場で採取された残渣物(ざんさぶつ)からの火薬類の特定。

放火事件の現場で採取された燃焼残渣物からのガソリン・灯油成分の検出。

ひき逃げ事件の現場に遺留された自動車塗膜からの車種推定等工業化学製品に関する鑑定・検査を主とする業務を担当する部門です。

 

写真3

 

 

物理科

 

物理科

火災事件に関係する電気配線や電気器具及び燃焼器具の検査。

銃器弾丸類の性能あるいは、弾丸を発射した銃器の特定。

土木災害や機械構造物の倒壊、その他の労災事故の原因究明。交通事故に関しての衝突角度や衝突速度等の力学的解析を担当する部門です。

写真4

 

 

人文科

 

人文科

筆跡や印影、ワープロやパソコンで作成された文書、コピー機等による複製文書、判読が困難な不明文字、偽造あるいは変造された疑いのある通貨、パスポートや免許証のような証明書類等の文書鑑定。

事件事実の認識を判定するポリグラフ検査。

連続事件における犯罪者プロファイリングを担当する部門です。

写真5

 

 

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー