• 背景色 
  • 文字サイズ 

158例目(12月6日確認)について

確認された158例目について、12月7日に開催した記者会見の詳細は以下のとおりです。

報道発表資料

1.概要

 12月6日(日)に発表した157例目に関連して、県立中央病院の入院患者及び医療従事者47名の検査を実施した結果、入院患者1名の新型コロナウイルス感染者が確認されました。

 

2.感染者

【158例目】

(1)年代:非公表

(2)性別:非公表

(3)症状:なし

 

3.検査結果

12月6日(日22時30新型コロナウイルス陽性確認

 

4.調査の状況

引き続き、入院患者及び医療従事者を中心に幅広の検査を実施していきます。

県説明

県説明(PDF)

【患者について】

  • 最初に、患者さんについて、申し上げます。
  • 昨日、12月6日(日)に、県内で「158例目」となる新型コロナウイルス感染症患者が、出雲市内で確認されました。
  • 患者さんは、島根県立中央病院に入院中の方です。
  • この患者さんは、既に入院されており、一般の県民の方への影響はないことから、年齢、性別は非公表とさせていただきます。
  • 患者さんは、昨日発表した157例目の患者さんに関連して、入院患者39人、医療従事者8人、合計47人を検査したところ、入院患者1人の「陽性」が判明したものであります。
  • この患者以外の46人は全て陰性であります。
  • 現在のところ症状はありません。
  • 昨日、病院内の個室に移っておられます。
  • なお、この患者さんと157例目の患者さんについては、濃厚接触となるような接触はないと病院から聞いております。
  • この患者さんの入院中の状況や病院職員との接触状況等については、この後、小阪中央病院長から説明があります。
  • 県としましては、病院とよく調整しながら、感染のおそれのある入院患者と医療従事者を中心に、幅広く、迅速にPCR検査など必要な検査を実施し、感染拡大の防止に努めてまいります。

 
【県民の皆さん、報道機関の皆さんへ】

  • 県民の皆さまにおかれては、これまでもお願いしておりますとおり、県から提供する情報に基づき、冷静な対応をお願いします。
  • 個人を特定する行為や、患者さんへの誹謗中傷が拡がったりすれば、その後の事案で、保健所への情報提供や、そもそも感染や症状を名乗り出ることを控えるなどの悪影響が懸念され、かえって、広く感染拡大が県民に及びかねないという状況になることが懸念されます。
  • 患者さんの人権を守り、感染拡大を防止するために、個人を特定する行動や、患者さんへの誹謗中傷は許されませんので、厳に謹んでいただきますよう、お願い申し上げます。
  • 県では、患者さんの行動歴の公表は、個人の特定につながることがないように、感染拡大を防止するために必要な場合に限っております。
  • 県が公表する情報が具体的でないために、様々な推測や憶測がなされる場合がありますが、県が公表している内容を超える内容は事実とは限りませんので、注意してください。
  • 報道機関の皆様には、引き続き、患者さん、周囲の方への配慮、プライバシーを尊重した報道に、ご配慮願います。
  • また、全国的には新型コロナウイルス感染症が拡大傾向にあるなか、県内でも、ここ数日間、感染者の発生が続いております。
  • 県民の皆様におかれては、職場や家庭での感染を防ぐため、感染リスクが高まるとして、政府が注意喚起をしている、「5つの場面(飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり)」に注意していただくとともに、

引き続き、
(1)「三つの密」の回避
(2)「人と人との距離の確保」
(3)「マスクの着用」
(4)「手洗いなどの手指衛生」
など、基本的な感染対策に継続して取り組んでいただくよう、お願い申し上げます。

病院説明

病院説明(PDF)

【1.入院患者について】

  • 158例目の島根県立中央病院入院患者について、申し上げます。
  • 該当患者は、11月24日(火)に、救急外来から157例目の看護師が勤務する病棟の個室に入院されました。
  • 入院時には、風邪症状による心不全の急性増悪と診断し新型コロナウイルスの検査は実施していません。
  • その後、11月27日(金)に同じ病棟の多床室に移っており、風邪症状は落ち着いたので、新型コロナウイルス感染症を疑ってはいませんでした。
  • 昨日12月6日(日)に、該当病棟の全入院患者にPCR検査を実施したところ、陽性が確認されたものです。
  • 現在、該当患者は個室に移っており、今後3~4日の間をおいて、再度PCR検査を実施する予定です。
  • 記録の確認や看護師本人への聞き取りをした結果、157例目の看護師はこの患者さんが入院された11月24日(火)にマスク・手袋をし10分程度の処置を行っていますが、この患者さんの担当ではなく、その後の接触はありません。
  • 短時間の処置であったこと、マスク・手袋をしていたことから、定義上、濃厚接触者にはあたりません。

【2.病院の対応】

〔診療体制〕

  • 該当患者と接触があった医師は、本日から診療を休診しています。
  • 現在、この病棟で勤務し接触のあった医師を除いて、各診療科は通常どおり診療を行っていますが、状況に変化があれば、改めて診療体制を見直します。


〔PCR検査〕

  • 本日からのPCR検査は、まず当該病棟に関係する職員を最優先で行います。
  • 次に、158例目の患者さんが入院した11月24日(火)にさかのぼって、当該病棟を退院された患者さん(140人程度)に連絡し、PCR検査を受けていただきます。
  • 同時に、今回の事例を踏まえ、他に接触経路が不明な患者さんがいないかどうかを確認するため、全入院患者さんをPCR検査させていただきます。
  • 最後に、これらのPCR検査の結果を踏まえて、病院に勤務する全職員へのPCR検査を検討します。


【3.県民のみなさんへ】

  • 当面、一部の医師の診療を除き、通常どおりの診療を行っています。
  • 感染の状況を確認しながら、必要に応じた診療制限等は迅速に行ってまいりますので、県民の皆様には、当院で必要な医療は継続して受診していただきたいと考えています。

島根県立中央病院における検査結果(157、158例目関連)

1.保健所による検査(疫学調査)【12/6からの累計623名】

・12/141名、陰性でした。

・12/1110名、すべて陰性でした。

・12/103名、すべて陰性でした。

・12/940名、すべて陰性でした。

・12/8447名、すべて陰性でした。

・12/775名、すべて陰性でした。

・12/61名陽性、46名陰性でした。(158例目含む。)

※全ての入院患者及び該当病棟に関係する医療従事者等の検査は終了しました。

※該当病棟を既に退院した患者78人のうち76人の検査が終了しました。残る2名は県外在住者のため、最寄りの保健所への相談を依頼済みです。なお、両名とも健康観察が必要な2週間を既に経過しております。

 

2.保健所が実施する調査以外の、県立中央病院に勤務する者の検査【12/10からの累計1382名】

・12/1444名、すべて陰性でした。

・12/13125名、すべて陰性でした。

・12/12225名、すべて陰性でした。

・12/11545名、すべて陰性でした。

・12/10443名、すべて陰性でした。

※全ての職員等の検査を終了し、陽性者はいませんでした。

 

島根県立中央病院による、関連の検査結果についての報道発表はこちら(外部サイト)をご覧ください。


お問い合わせ先

感染症対策室

健康福祉部感染症対策室
TEL:0852-22-6896・6902
新型コロナワクチンに関すること:0852-22-6175・6176
MAIL:kansen2@pref.shimane.lg.jp