• 背景色 
  • 文字サイズ 

140例目(9月24日確認)について

確認された140例目について、9月25日に開催した記者会見の詳細は以下のとおりです。

 

報道発表資料

1.概要

 9月24日に帰国者・接触者外来を受診した患者の新型コロナウイルス検査を実施したところ、陽性であることが判明しました。現在、患者は軽症です。

 県内で140例目の新型コロナウイルス感染者となります。

 

2.患者

(1)年代:20歳代

(2)性別:男性

(3)居住地:島根県安来市

(4)症状

 9月22日 倦怠感

 9月23日・24発熱(37.0℃)、咳、嗅覚異常

(5)経過

 9月12~13日 鳥取県と大阪府を経由して東京都に移動

 9月13~18日 東京都・神奈川県に滞在後、帰県

 9月19日・20鳥取県に日帰りで外出

 9月21日 自宅

 9月22日・23勤務

 9月24日 保健所に相談

  帰国者・接触者外来を受診し、検体採取

 

3.検査結果

 9月24日午後10時新型コロナウイルス陽性確認

 

4.調査の状況

 患者の行動調査及び濃厚接触者の健康調査を実施中です。

 

県説明

県説明(PDF)

1.患者について

  • 最初に、患者さんについて、申し上げます。
  • 昨日、9月24日(木)に、県内で「140例目」となる新型コロナウイルス感染症患者が、安来市内で確認されました。

安来市では初めての感染者の確認になります。

  • 患者さんは、「安来市在住」の、「20歳代」の、「男性」であります。
  • 患者さんは、9月22日(火)に倦怠感、23日(水)には、37℃の発熱、咳、嗅覚異常の症状があったことから、24日(木)に保健所に相談され、PCR検査を実施したところ、22時に「陽性」が判明したものであります。
  • 患者さんは、現在のところ、「軽症」であります。
  • 現在、自宅で待機しておられ、本日、感染症に対応した医療機関に入院していただく予定であります。


2.現時点での行動歴

  • 松江保健所においては、感染拡大防止のため、昨日から、行動履歴や、濃厚接触者についての調査を行っており、今後、詳細を把握してまいりますが、現時点で把握できている情報をお知らせします。

<勤務先等の状況>

  • この患者さんは、会社にお勤めの方です。

(1)業務内容は、窓口業務などで、不特定多数の方と幅広く接触されるような業務ではありません。

(2)勤務中はマスクを着用して勤務されています。

(3)会社で接触があった方など関係者については、本日中に検体を採取し、PCR検査など必要な検査を実施いたします。

<発症2日前以降の行動>

  • まず、発症日である22日(火)の2日前の20日(日)以降の患者さんの行動についてであります。この間は、この患者さんから他の方に感染する可能性がある期間であり、感染のおそれの高い濃厚接触者を確認するための調査であります。

(1)20日(日)は、鳥取県に日帰りで出かけておられます。出張等の勤務ではありません。この日の行動歴の詳細は現在確認中です。

(2)21日(月)は、自宅で過ごしておられ、接触された方はおられません。

(3)22日(火)、23日(水)は、会社で勤務されています。この間は会社以外の方との接触はありません。

(4)24日(木)は症状があったことから出勤されず、医療機関を受診され、PCR検査を受けておられます。

  • 県としましては、まずは発症2日前以降の濃厚接触者及び接触者の調査を積極的に行い、幅広にPCR検査など必要な検査を実施し、感染拡大の防止に努めてまいります。

<発症14日前(感染源調査)の行動>

  • 次に、発症14日前までの行動について、把握した情報について、ご説明します。この間に、患者さんがどこから感染したのか、この患者さん以外に感染者はいないのか、を調査するものであります。
  • 9月12日(土)から18日(金)にかけて、鳥取県と大阪府を経由して、関東方面に滞在され、18日(金)に帰県されています。

(1)12日(土)から13日(日)にかけて、鳥取県米子市から高速バスで大阪府を経由して東京都まで移動され、東京都からはレンタカーで神奈川県に移動されています。

(2)その後、14日(月)まで神奈川県内に滞在され、その後、東京都に移動・滞在され、18日(金)に飛行機で帰県されておられます。

  • また、9月19日(土)に日帰りで、鳥取県に出かけておられます。
  • これらは、いずれも出張等の勤務ではありません。
  • 今後、発症14日前までの行動の詳細についての確認を行い、関係都道府県等と連携して、接触等が確認できた方には個別に対応するとともに、確認が困難な場合は、利用された施設等を公表し、感染の不安がある方については、PCR検査などの必要な検査を受けていただくよう、呼びかけを行うこととしております。


3.松江保健所の体制強化

  • 本日以降、松江保健所に、保健師等の専門職を2名、事務職員2名の合計4名を派遣し、調査体制を強化します。
  • 県としては、安来市、鳥取県をはじめ、関係機関と連携して、感染拡大防止に全力で取り組んでまいります。


4.県民の皆さん、報道機関の皆さんへ

  • 県民の皆さまにおかれては、これまでもお願いしておりますとおり、県から提供する情報に基づき、冷静な対応をお願いします。
  • 個人を特定する行為や、患者さんへの誹謗中傷が拡がったりすれば、その後の事案で、保健所への情報提供や、そもそも感染や症状を名乗り出ることを控えるなどの悪影響が懸念され、かえって、広く感染拡大が県民に及びかねないという状況になることが懸念されます。
  • 患者さんの人権を守り、感染拡大を防止するために、個人を特定する行動や、患者さんへの誹謗中傷は許されませんので、厳に謹んでください。

(1)患者さんがどこに立ち寄っていたか、どのような仕事をされている方かなどの情報を詳しく県から公表してほしいという要望があることは承知しておりますが、患者さん個人の特定につながるような情報の公表を行うことは適当でないため、詳しい情報の公表は行っておりません。

(2)県としては、患者さんから感染が判明する前の行動の詳細を提供していただき、患者さんと接触された方、接触の疑われる方には、保健所から個別に連絡をさせていただき、必要な検査を進めてまいります。

(3)患者さんと会った相手がどこの誰か分からないという場所があれば、関係者の了解を得て、何日の何時頃、この場所に立ち寄った方は、県庁か保健所にご連絡くださいというお願いをさせていただきます。

(4)この様に、患者さんの行動歴の公表は、個人の特定につながることがないように、感染拡大を防止するために必要な場合に限っております。県が公表する情報が具体的でないために、様々な推測や憶測がなされる場合がありますが、県が公表している内容を超える内容は事実とは限りませんので、注意してください。

  • また、県では、PCR検査については、感染のおそれが高い濃厚接触者だけでなく、短時間の接触があった方、感染したのではと不安のある方に、幅広く検査を実施することとしておりますので、検査を受けるという情報だけで、検査を受けた方やその家族などの関係者に、出勤、登園、登校の自粛を求めるなど、過度な行動は控えていただきたい。
  • 県民の皆様におかれては、正しい知識、判断のもと、冷静な行動を重ねてお願い申し上げます。なお、判断に困るような場合には、最寄りの保健所にお問い合わせいただきますよう、お願い申し上げます。
  • また、報道機関の皆様には、引き続き、患者さん、周囲の方への配慮、プライバシーを尊重した報道に、ご配慮願います。

お問い合わせ先

感染症対策室

健康福祉部感染症対策室

mail:kansen2@pref.shimane.lg.jp