• 背景色 
  • 文字サイズ 

新型コロナワクチンについて

新型コロナワクチン接種について、最新情報を掲載します。

 

新型コロナワクチンに関する情報

島根県では、新型コロナワクチン接種を希望する県民の皆さまに、速やかな接種が可能となるよう、国が公表する接種順位を踏まえ、接種体制の構築を進めています。

 

※詐欺にご注意※

  • 保健所などの県の機関が、ワクチン接種のために費用負担を求めることはありません。
    「お金を振り込めば、優先接種できる」等の不審な電話やメールにご注意ください。
  • 保健所などの県の機関が、電話やメールで個人情報を求めることはありません。
    お住まい(住民票上)の市町村から「接種券」「新型コロナワクチン接種のお知らせ」をお届けする予定です。
  • 個人情報を聞き出す不審な電話やメールにご注意ください。

便乗悪質商法の注意喚起!(外部サイト)

 

 【相談窓口】

  • 国民生活センター新型コロナワクチン詐欺消費者ホットライン0120-797-188
  • 消費者ホットライン(局番なし)188(最寄りの消費者センター等消費生活相談窓口へつながります)
  • 警察相談専用電話#9110

接種開始時期及び接種対象者

医療従事者等の後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていきます。

一定の接種順位を決めて接種が行われます。【令和3年3月18日時点、次のような順序の予定。】

(1)医療従事者等【2月中旬~】

(2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)【4月中旬~】

(3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方【未定】
(4)それ以外の方(満16歳以上)【未定】

※16歳未満の小児が接種対象となるかについては、ワクチンの安全性や有効性を今後検討される予定です。

接種場所

お住まい(住民票上)の市町の医療機関や市町が設ける接種会場でワクチン接種が可能となる見込みですが、具体的な接種場所は、今後決定されます

接種費用

無料(全額公費)で行います。

接種予約の費用はかかりません。(接種会場等までの交通費等は自己負担となります。)

接種後の感染予防について

ワクチン接種を受けた方から他のへの感染をどの程度予防できるかまだ分かっていません。

マスク着用や密を避ける、石けんによる手洗いや手指の消毒などの感染予防は、引き続きお願いします。

各種相談窓口

ワクチン接種の受け方や接種会場に関するご相談

お住まいの市町村相談窓口へご相談ください。

※厚生労働省の新型コロナワクチン接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」(3月下旬ごろ開設予定)内に各自治体のコールセンターや相談窓口の電話番号が掲載される予定です。

ワクチン接種後の副反応等に関するご相談

下記のリンク先ページにコールセンターの電話番号番号一覧を掲載しています。

しまね新型コロナウイルス感染症健康相談コールセンター電話番号一覧のページへ

島根県へのワクチン配分及び接種の状況等

  • 医療従事者等優先接種(4月1日現在)

 ワクチン配分数:44箱(8,580バイアル)予定

医療従事者等優先接種状況

 

1回目接種

2回目接種

人数

6,092

690

6,782

(前回増)

(+1,063)

(+341)

(+1,404)

  • 県内での副反応疑い事例報告件数(4月1日現在):10件

※いずれも毎週木曜日更新予定(木曜日が祝日の場合は、翌平日に更新する予定です)

 

 

医療機関及び関係団体向け情報

調査様式

新型コロナウイルスワクチン接種予定者リスト(医療従事者等向け)

令和3年3月12日付け薬第1845号で作業依頼を行った「接種予定者リスト」の様式は以下のとおりです。

(内容を一部修正していますが、前回2月に入力いただいたリストをそのまま使用していただいても構いません。)

 

【様式】接種予定者リスト

 

参考に厚生労働省から1月15日に都道府県向け説明のあった「医療従事者等への接種の進め方」について情報提供します。

 

新型コロナワクチンの特性(現時点での想定)

医療従事者等への接種の進め方(概要)

医療従事者等への接種の進め方【基本型接種施設】

医療従事者等への接種の進め方【連携型接種施設】

医療従事者等への接種の進め方【医療関係団体】

医療従事者等への接種の進め方【都道府県】

医療従事者等への接種の進め方【一般の診療所・薬局等】

 

 

リンク集


お問い合わせ先

感染症対策室

健康福祉部感染症対策室

mail:kansen2@pref.shimane.lg.jp