木材利用科

 木材利用科では、中山間地域に広がる豊かな森林から産出された木材の利用技術開発を通じて木材産業の振興を図ることにより、木を伐って、使って、植えて、育てる林業サイクルの循環を目指しています。

CLT

異樹種(ヒノキ・スギ・ヒノキ)3層CLTパネルの開発

 

県産スギ梁トラスの実大曲げ試験

県産スギ梁トラスの開発(実大曲げ試験)

 

木材市場でのスギ大径材

スギ大径材の製材・乾燥技術の開発

 

新着一覧

主な研究分野・手法

■県産材の乾燥技術開発と強度性能評価
■県産材の高品質化技術と新用途開発

 

現在取り組んでいる研究課題

令和3年度開始

 県産スギ大径A材を利用した非住宅向け大スパン建築部材の開発

 

令和2年度開始

 原木段階での強度選別と県産大径A材を活用した住宅向け心去り無垢横架材の開発

 

令和元年度開始

 伐期を迎えるヒノキ及び資源量豊富な広葉樹の高品質・高付加価値利用に向けた加工・利用技術の開発

 

 

令和4年度研究課題総覧

 

研究成果

 

アイコン画像研究成果概要(業務報告)、研究報告

 

アイコン画像わかりやすい試験研究PR

 

 

共同研究・受託研究

お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る