• 背景色 
  • 文字サイズ 

宍道尾道街道

戦国時代から使われた広島〜松江を結ぶ重要ルート
 古くは戦国時代、出雲に拠点を構える尼子氏を攻める際の進攻ルートとして安芸(現在の広島県)の毛利氏が使ったのが、宍道尾道街道です。総距離18里8丁(約71.6km)のこの街道は、 松江市宍道町を起点として現在の国道54号にほぼ並行するかたちで雲南市を通 り、飯南町の赤名峠まで続きます。  江戸時代に入って寛文6年(1666)、松江藩は支藩として広瀬藩3万石、母里藩1万石を置きましたが、広瀬藩の半分1万5000石の領地は 雲南市の一部と飯南町だったため、安来市広瀬町から雲南市木次町を経て飯南町の郡本(こおりもと)という役所への役人の往来は、一部この街道を通 って行われました。近世中期から盛んになる出雲巡礼も、一部この街道を通っていました。仁多−飯石で産出される鉄・木綿・紙などを木次、宍道へ運ぶのにも、この街道が大きな役割を果 たしました。  明治時代に入ると、山陰・山陽を結ぶ軍用道路になります。野砲を引いた軍馬が通 れるよう坂の傾斜をゆるやかに整備し、名前も宍道広島街道に変わります。山陰で士族の反乱が起こったりすると、広島鎮台の軍隊が来て鎮めるのが狙いでした。日清戦争の時は、山陰から兵を広島へ招集するのに使われました。道路の整備によって荷馬車が通 れるようになったため輸送力は飛躍的に上がり、明治中期以降の産業の発展に大きな役割を果 たしたことは言うまでもありません。  大正に入るとバスも通りはじめます。昭和38年には建設省直轄の改修工事が始まり、蛇行していた道も多くのトンネルで直行するようになります。40年には国道54号に指定され、現在は国道9号に次ぐ交通 量をもつ道路として陰陽の連絡に重要な役割を果たしています。

歴史の道イメージイラスト

  歴史の道探索上の注意
1.サンダル、スカートなどの軽装は控えましょう。
2.道路や線路などの横断には充分注意しましょう。
3.公道や民家などに駐車しないようにしましょう。


総合目次へ地図へ次の項目へ

 


お問い合わせ先

文化財課

〒690-8502 島根県松江市殿町1番地(県庁分庁舎)
島根県教育庁文化財課
TEL 0852-22-5880 FAX 0852-22-5794 
E-mail:bunkazai@pref.shimane.lg.jp