• 背景色 
  • 文字サイズ 

廃棄物の不法投棄はやめましょう

島根県では、不法投棄を無くすため毎年「廃棄物適正処理対策推進事業」をはじめとする様々な対策を関係機関・団体と連携して行っています。

 県内各地で不法投棄が発生する恐れがある地域を「重点監視地域」に指定し、付近住民による監視モニターが定期的にパトロールを行っています。

 また、年2回、市町村・警察等の関係機関、島根県産業廃棄物協会その他協力団体による合同パトロールを行い監視に努めています。

不法投棄監視パトロール
【合同パトロールの様子】

【不法投棄物・食品容器など】

合同パトロールの様子 不法投棄物・食品容器など
【不法投棄物・炊飯器等】 【不法投棄物・扇風機】
不法投棄物・炊飯器 不法投棄物・扇風機

 

 

 

 

 

廃棄物不法投棄監視カメラについて

 県では、平成17年度から重点監視地区のうち特に不法投棄が行われやすい地区を対象として「監視カメラ」を設置しています。

 雲南保健所管内には、現在11台の監視カメラが設置されています。

 また、広報啓発用の立看板を各地に設置し、不法投棄防止に役立てています。

不法投棄監視カメラの設置状況

【監視カメラ】

【不法投棄防止啓発看板】

監視カメラ 不法投棄防止啓発看板

 

 

 

 


お問い合わせ先

雲南保健所

〒699-1396 島根県雲南市木次町里方531-1
電話 0854-42-9623(代表)
FAX 0854-42-9654
unnan-hc@pref.shimane.lg.jp