• 背景色 
  • 文字サイズ 

美保関漁港(第2種漁港)

(指定年月日)昭和28年12月23農林水産省告示883号

所在地)松江市美保関町美保関

美保関漁港航空写真

 

 

 

 

 

 

 

 

概要

美保関漁港は、島根半島の松江市美保関町の東端に位置し、山陰最大の漁港である鳥取県境漁港と境水道を挟んで向き合い、沖合には美保湾や隠岐海峡などの好漁場が広がっている。

古くは、出雲の和鉄や年貢米を積み出す港として他国の船も多数出入りし、日本海西部有数の港として賑わいを見せていたが、今日では、地元漁船の基地港としてのみ使用されている。

当地区の漁業は、定置網、刺し網が主な漁業種類であり、その他に船びき網、底びき網、一本釣漁業等などが営まれており、漁獲物のほとんどは、境漁港に出荷されている。

漁港整備は、古くから実施されており、近年の漁港漁場整備事業においては、沖防波堤の新設や用地の埋立などの整備を実施している。

また、漁業集落環境整備事業の集落排水施設の整備により、港内における水質改善も図られている。

 

美保関漁港の港勢(H27港勢調査より)
登録漁船数 52隻
利用漁船数 60隻
陸揚量 499トン
陸揚金額 190百万円
漁港地区人口 507人
組合員数 102人
主な陸揚魚種 かたくちいわし、まあじ、ぶり類

 

 


お問い合わせ先

松江水産事務所

TEL 入札、契約、漁港等の占用手続きに関すること 総務課 0852-32-5695,5696
    漁業の相談、漁船等の登録に関すること    水産課 0852-32-5700,5701
    漁港等の整備、工事に関すること       漁港課 0852-32-5705,5706
FAX 0852-32-5711
e-mail matsuesuisan@pref.shimane.lg.jp