• 背景色 
  • 文字サイズ 

【主体性を考えるビジネスゲームセミナー】を開催しました!

 今、社会人に最も求められている能力の1つ、「主体性」に関するセミナーを島根県内の入社2、3年目の社会人の方を対象に開催致しました。

主体的に働くとはどういうことだろう?

をメインテーマに、講師には豊田庄吾先生をお招きし、体験型ビジネスゲームセミナーを展開して頂きました。

 

写真1

(講義する豊田先生&講義に引き込まれていく受講者)

 

この「主体性」ですが、漠然としていてかつ抽象的な言葉なので、

受講者のみなさまにとって”腹落ち”するのがとても難しいテーマだったかと思いますが、

●自ら能動的に考えを深める

●抽象的な概念を自分の仕事や私生活など現在の状況に紐付け、置き換えて、行動に繋げる

●安心、安全だけど必ずすぐに出来る始めの一歩(主体的な行動)を考え、明日から行動する

を目標に、共に学ぶ仲間と積極的に”考えや学び”を深めて頂きました。

 

※この合同研修会では普段関わる事の少ない異なる会社の若手社員同士が交流を深める場となることも目的としています。

 

<ご参考>

当校の調査では、入社2・3年目の社員の方に求められる力として、”主体性”と”コミュニケーション”は

例年上位にランクしております。

グラフ1

資料:令和4年9月「西部高等技術校アンケート調査」より

研修会の様子

セミナーのゴールは以下の3つ!

1.組織内での自分の役割を捉え、自ら考え行動できるようになる

2.組織内でのコミュニケーションの取り方を学び、実践する

3.同世代との異業種交流によって、自分のネットワークを広げる

 

豊田先生は、場を温め受講者の緊張をほぐしながらも、とても考えさせられる”問い”を次々と立てていきます。

受講者も懸命に考えを深めていき、グループ間での対話や相互作用を通して更に学びを深めます。

(事務局の私たちにも”刺さる”問いがたくさんありましたよ。)

写真2

 

<午前の部>でパズルゲームに取り組む受講者。

ビジネスゲームでは、実践(ゲーム)と考察(行動の振り返り)の繰り返しでセミナーは展開されます。

写真3

ゲーム中は様々なイベントが起こり、受講者はその都度「コミュニケーション力」や「柔軟性」など(その他も)

社会人として必要とされる能力が試されていきます。

 

良い結果が出せたチーム、結果出せずに戸惑いのあったチーム、コミュニケーションが良く取れたチーム、難しかったチーム、

様々だったかと思います。みなさんは、ここで学んだことを何に繋げましたか?

 

<午後の部>では、LSP(レゴ・シリアスプレイ)を行いました。受講者が「お題」に対しレゴを使ってイメージを具現化し、それについて説明します。

写真4

手を動かしながら形づくり、受講者同士で対話することで”考え”が深まっていくようでした。

このLSPでは、事務局も参加させて頂き、自分を深掘りするとても貴重な体験となりました。

セミナー受講者のお声

【セミナーの内容について】

  • 主体性とは何かを決めつけず、違いを楽しむということが印象に残った。

  • こんなにも「主体性」について初めて深く考えた。

  • 主体性をテーマに色々な職種の人たちと話をすることができて、とても楽しく刺激になりました。

  • レゴで作業しながら対話し、考えを深めるのはとても良い案で面白いと思った。自分では気付かなかった部分の再発見となりました。
  • 視野を広げると主体的に行動できる。でも、視野を広げるためには知識や余裕が必要だと思った。
  • まずはとにかく行動を起こすことが大事で、動いているうちに気付くこともある。

  • 主体性という漠然としたものが少し見えてきて、ここからは経験から自分なりの主体性をみつけていきたいと思った。

  • 新たな発見や再発見することが多く、仕事のモチベーション向上に繋がったように感じたセミナーでした。

  • 初めて研修が楽しいと思いました。

最後に

研修会に参加されたみなさまからは、様々なお声を頂き誠に有り難うございました。

また、当校では3年ぶりに対面式でのビジネスゲームセミナーだったので緊張しながらの開催でしたが、

豊田先生並びに受講者のみなさまに温かくご協力頂きスムーズに研修会を運営することが出来ました。

みなさま、ありがとうございました。(片付けもご協力頂きありがとうございました。)

 

なお、本研修会の受講者の中には、もうすぐグループリーダーになることを期待されている方、

後輩が増えてきてより広い視野が求められたり、人に教える機会が増えてきて次へのステップアップが期待されている方など

様々な背景の中で参加された方々がいらっしゃいました。

その中で悩みや目標を参加者同士で共有することは、大きな学びに繋がったのではないでしょうか。

当校も、みなさまから頂いた貴重なご意見を参考に、これからも”学び”と”仲間作り”を意識した研修会を主体的に企画して参りたいと思います。

 

在職者研修担当:宇治田・田中


お問い合わせ先

西部高等技術校

島根県立西部高等技術校(浜田駐在)
〒698-0041 島根県益田市高津四丁目7-10
(〒697-0041 島根県浜田市片庭町254(浜田合庁3F))
TEL:0856-22-2450(0855-29-5733)
FAX:0856-22-2451(0855-25-5988)
E-Mail:seibukotogi@pref.shimane.lg.jp