県立学校施設の耐震化の状況について

高等学校・特別支援学校の耐震化の状況

 

 学校施設は、児童生徒が1日の大半を過ごす活動の場であるとともに、非常災害時には地域住民の応急避難場所としての役割も果たすことから、その安全性の確保はきわめて重要です。

 島根県では、「島根県建築物耐震改修促進計画(平成19年2月策定)」(土木部建築住宅課ページを参照)に基づき、県立学校の耐震診断(優先度調査を含む)、耐震改修等を実施した結果、学校施設の耐震化率は平成28年4月1日時点で100%となっています。

 

■各県立学校の棟別耐震化の状況については、こちらをご覧ください。

 

 県立学校耐震化状況一覧表(PDF形式)PDFアイコン

非構造部材の耐震化

 東日本大震災における天井、照明器具等の非構造部材の被害の発生を受け、平成26年度より、屋内運動場等における非構造部材(吊り天井、照明器具、バスケットゴール等)の耐震対策を進めています。令和2年度末で完了する予定です。

 

 ▼令和2年度安来高等学校屋内運動場(照明器具耐震対策)

 安来高校
 

お問い合わせ先

教育施設課

島根県教育庁教育施設課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 (県庁分庁舎)
電話: (0852) 22-6601 FAX: (0852) 22-6016
Mail: shisetsu@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る