• 背景色 
  • 文字サイズ 

献血の種類と採血基準

 ●献血の種類

 

 献血には、全血献血成分献血があります。

 

 全血献血

 全血献血には、血液中の全ての成分を献血していただくもので、400ml献血と200ml献血があります。

 

 成分献血

 成分献血は、血液中の特定の成分のみを献血していただくもので、成分採血装置を使用し、血漿(けっしょう)や血小板だけを採血し、体内での回復に間隔のかかる赤血球を体内に戻す採血方法です。

 成分献血は、献血者への身体的負担も軽く、献血の間隔も短いため、より多くの血漿や血小板を献血していただくことができます。

 

 

 ●採血基準

 

 また、献血にはその方法別に採血基準が定められており、その基準を満たしていない場合には献血をご遠慮いただいています。

 

 

 これらの基準を満たしている場合でも、妊娠していると認められる人や、献血により悪化するおそれのある循環器系疾患、血液疾患、その他の疾患にかかっている人、有熱者等については、献血者の安全のため献血をご遠慮いただいています。献血が可能かどうかの判断は問診等をとおして医師が行います。

献血者の安全を守るため、献血の間隔についても制限が設けられています。一度献血をすると、法令で定められた一定の間隔を置かない限り、次の献血をすることは出来ません。

 

 なお、エイズ検査目的での献血はご遠慮いただいております。

 



お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、第2分庁舎 別館3階にあります)
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp