• 背景色 
  • 文字サイズ 

世界エイズデー(12月1日)

 WHO(世界保健機構)は、1988年(昭和63年)に世界的レベルでのエイズまん延防止と、患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、12月1日を" World AIDS Day "(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動などの実施を提唱しました。

 1996年(平成8年)からは、WHOに代わって、国連のエイズ対策の総合調整を行うこととなったUNAIDS(国連合同エイズ計画)がこの活動を継承しています。

 島根県でも" World AIDS Day "に賛同し、その趣旨をふまえて、12月1日を中心にエイズに関する正しい知識等についての啓発活動を推進しています。

 

UPDATE!話そう、HIV/エイズのとなりで~検査・治療・支援~

令和元年度テーマ(趣旨)

 HIV/エイズに関する取組は、今、大きな転換期となっています。
治療法の進歩によりHIV陽性者の予後が改善された結果、HIV陽性者は感染の早期把握、治療の早期開始・継続によりエイズの発症を防ぐことができ、HIVに感染していない人と同等の生活を送ることが期待できるようになりました。
また、治療を継続して体内のウイルス量が減少すれば、HIVに感染している人から他の人への感染リスクが大きく低下することも確認されています。
つまり、治療の進歩でHIV陽性者の生活は大きく変わり、HIV感染の予防にもその進歩に支えられた様々な選択肢が用意されるようになりました。

 

 しかし、現状はそうした変化が正確な情報として十分に伝わっているとは言えず、HIV/エイズについては、原因不明で有効な治療法が無く死に至る病であった時代の認識にとどまっている場合が少なくありません。そのことがHIV感染を心配する人たちを検査や治療から遠ざけ、また、差別や偏見を招く要因の一つになっているとも言われています。

 

 そこで、今年度の「世界エイズデー」キャンペーンテーマは、HIV/エイズに関する知識、行動の「UPDATE(更新)」をキーワードとしています。多くの人がHIV/エイズに関する正しい知識を身につけ、自分の「となり」にある身近なものとして語り合うことで、検査、治療、支援という具体的な行動につながるよう後押しします。また、このテーマには、HIV陽性者やHIV感染を心配する人たちに社会全体で寄り添うことの重要性を伝えるメッセージも込められています。

 

今年度の取り組み

■HIV検査(無料・匿名)

 県内各保健所では、世界エイズデーに併せ、12月1日の週を中心に通常の検査日以外の日程でもHIV検査(無料・匿名)を実施します。

 なお、いずれの保健所も電話による事前予約が必要です。

 予約状況等により、当日予約には対応できない場合がありますので、検査の前日(月曜日の検査については金曜日)17時までにご予約いただきますよう、お願いします。また、検査可能人数に限りがありますので、お早めにご連絡ください。

 

  • 世界エイズデー前後の検査・相談実施予定は以下のとおりです。

令和元年度島根県「世界エイズデー」検査実施予定一覧(PDF:404KB)

 

※検査は予約が必要です。まずは電話で御相談下さい。

(当日予約には対応できない場合がありますので、検査の前日(月曜日の検査については金曜日)17時までに御予約ください。)

※検査会場は各保健所です。

※業務上の都合により、日時が変更になる場合があります。

 

 

エイズ啓発活動

■広報活動など

  • 高等学校、専門学校等にパンフレット等啓発グッズを配布。
  • ラジオ新聞、広報紙等による啓発。
  • 県内の市町村において、有線放送、新聞、広報紙等による啓発。

 

関連情報

お問い合わせ先

感染症対策室

健康福祉部感染症対策室
TEL:0852-22-6896・6902
ワクチンに関すること:0852-22-6175・6176
MAIL:kansen2@pref.shimane.lg.jp