• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成29年度中国・四国ブロック緊急消防援助隊合同訓練実施結果報告書

実施結果報告書はじめに

 

 緊急消防援助隊は、平成7年(1995年)兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の教訓を踏まえ、大規模災害等において被災した都道府県内の消防力では対応が困難な場合に、国家的観点から人命救助活動等を効果的かつ迅速に実施し得るよう、全国の消防機関相互による援助体制を構築するため、平成7年6月に創設されました。
平成15年6月の消防組織法改正により、緊急消防援助隊が法制化(平成16年4月施行)され、総務大臣が策定する「緊急消防援助隊の編成及び施設の整備等に係る基本的な事項に関する計画」に基づき、平成29年4月1日現在727本部の5,658隊(重複登録除く)が登録されています。
緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練は、平成8年度から全国を6ブロックに区分して大規模災害活動時における緊急消防援助隊の技術及び連携活動能力の向上を目的に毎年度実施されており、島根県での開催は平成21年度以来となります。
島根県においては、島根県及び島根県内9消防本部で構成する中国・四国ブロック緊急消防援助隊合同訓練実行委員会を平成28年4月に設置して訓練の準備を進め、訓練は、平成29年10月20日(金)から10月21日(土)にかけて、安来市穂日島町中海ふれあい公園を主会場として実施しました。
本訓練においては、島根県内における大規模地震の発生を想定し、「緊急消防援助隊の運用に関する要綱」及び「緊急消防援助隊の応援等の要請等に関する要綱」に基づく緊急消防援助隊の出動要請、部隊の参集及び配置等、実践に即した訓練計画を策定し、防災関係機関及び緊急消防援助隊相互の連携強化を図るとともに、島根県緊急消防援助隊受援計画の検証を目的として実施しました。
結びに、訓練に御参加いただいた広島市、岡山市、神戸市の各消防局及び中国・四国地区各県をはじめとする関係機関、協力機関の皆様の御協力により、訓練では多くの成果を上げることができました。改めて深く感謝の意を表します。
この報告書が、緊急消防援助隊の活動の充実、強化の一助となれば幸いです。
 平成30年2月
 平成29年度中国・四国ブロック緊急消防援助隊
 合同訓練実行委員会委員長
 島根防災岸川慎一

 

実施結果報告書ダウンロード

  1. 実施結果報告書(No.1)(pdfファイル:3.3MB)表紙、はじめに、第1訓練概要、第2訓練実施結果/1災害対策本部等設置運営訓練
  2. 実施結果報告書(No.2)(pdfファイル:3.1MB)2部隊参集訓練~5夜間訓練
  3. 実施結果報告書(No.3)(pdfファイル:3.3MB)61日目;訓練項目別概要票
  4. 実施結果報告書(No.4)(pdfファイル:3.3MB)7部隊運用訓練~82日目;訓練項別概要票
  5. 実施結果報告書(No.5)(pdfファイル:3.6MB)82日目;訓練項別概要票
  6. 実施結果報告書(No.6)(pdfファイル:3.8MB)82日目;訓練項別概要票~第3航空部隊訓練実施結果
  7. 実施結果報告書(No.7)(pdfファイル:2.2MB)第4「解隊式及び訓練終了式」~おわりに

 

全ページ実施結果報告書(pdfファイル:22MB)

 

 

訓練広報


お問い合わせ先

消防総務課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県防災部消防総務課 
【危険物、ガス、火薬】
  〇総務保安グループ 0852-22-5887/5888
【火災予防、防災ヘリコプター、消防学校】
  〇消防グループ   0852-22-5884/6260
【防災行政無線、消防救急無線】
  〇防災情報グループ 0852-22-5889/5890
FAX      0852-22-5930 
E-MAIL   shobo-somu@pref.shimane.lg.jp