• 背景色 
  • 文字サイズ 

生涯学習社会の実現のために必要なこと

問18 あなたは、生涯をとおして学び続けられる生涯学習社会を実現するために、どのようなことが必要だと思いますか。次の中から主なものを3つまであげてください。(○は3つまで)

 

グラフ

 

 生涯をとおして学び続けられる生涯学習社会を実現するために必要なことについては、「身近で参加しやすい講座などを充実させること(53.2%)」が最も高くなっており、次いで「生涯学習に関する施設や講座の情報を提供すること(42.0%)」、「地域づくりや仲間づくりにつながる講座などを充実させること(39.1%)」、「公民館や図書館など地域社会の社会教育施設の活動を充実させること(28.6%)」、「資格や技術を取得できる講座などを充実させること(21.1%)」の順となっており、そのほかの項目は2割に満たない。

 

【地域別】

 すべての地区で「身近で参加しやすい講座などを充実させること」が最も高くなっており、益田地区(64.6%)では6割を超え、高くなっている。

 

【市郡別】

 市、郡部いずれも「身近で参加しやすい講座などを充実させること」が最も高くなっている。「地域づくりや仲間づくりにつながる講座などを充実させること」は、郡部(49.3%)で5割弱と高くなっている。

 

【過疎地別】

 過疎地、非過疎地ともに「身近で参加しやすい講座などを充実させること」が最も高くなっている。「生涯学習に関する施設や講座の情報を提供すること」は、非過疎地(45.8%)が過疎地(38.6%)に比べ7.2ポイント上回っている。「地域づくりや仲間づくりにつながる講座などを充実させること」は、過疎地(42.5%)が非過疎地(36.6%)に比べ5.9ポイント上回っている。

 

【性別】

 男女とも「身近で参加しやすい講座などを充実させること」、「生涯学習に関する施設や講座の情報を提供すること」、「地域づくりや仲間づくりにつながる講座などを充実させること」の順で高くなっている。「身近で参加しやすい講座などを充実させること」は、女性(57.2%)では男性(49.7%)を7.5ポイント上回っている。「インターネットなど情報通信技術を活用した講座などを充実させること」は、男性(17.5%)では女性(8.3%)を9.2ポイント上回っている。

 

【性・年齢別】

 ほとんどの年齢層で、「身近で参加しやすい講座などを充実させること」が最も高くなっているが、男性20歳代では「資格や技術を取得できる講座などを充実させること(48.3%)」が高くなっている。「生涯学習に関する施設や講座の情報を提供すること」は、女性20歳代(54.5%)で5割強と、やや高くなっており、女性70歳以上(28.7%)で3割弱と低くなっている。

 

【職業別】

 学生を除く職業で、「身近で参加しやすい講座などを充実させること」が最も高くなっている。学生では、「生涯学習に関する施設や講座の情報を提供すること(41.2%)」、「資格や技術を取得できる講座などを充実させること(41.2%)」、「学習成果を生かせる場所や機会を充実させること(41.2%)」が4割強と高くなっている。

 

【ライフステージ別】

 すべてのライフステージで「身近で参加しやすい講座などを充実させること」が最も高く、家族成熟期(60.5%)でやや高くなっている。「地域づくりや仲間づくりにつながる講座などを充実させること」は、高齢期I(47.0%)、高齢期II(47.2%)で5割弱とやや高くなっている。「資格や技術を取得できる講座などを充実させること」は、家族形成期(40.8%)で4割強と高くなっている。 

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025