• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成30年度当初予算

歳入・歳出構成内訳


予算の3つの柱


基本目標1:しごとづくりとしごとを支えるひとづくり

観光の振興【15億2541万円】

「神々」や「ご縁」、石見銀山、隠岐ユネスコ世界ジオパークなど島根らしさを活用した誘客を進めるとともに、隣県等との広域連携や、外国人観光客の誘致に向けた取組みを強化します。


主な予定事業

  • 全県的なフィルムコミッション機能を構築し、ロケ地ツーリズムを推進
  • 「山陰インバウンド機構」において、国内外に向けたプロモーションを実施
  • 広島空港に直行便が就航したシンガポールへのプロモーションを実施
  • しまねの自然公園の情報発信の強化、地域が行う体験プログラムの開発支援、三瓶自然館の機能強化を実施
  • 隠岐ユネスコ世界ジオパーク、国宝松江城天守、日本遺産、出雲風土記などの情報発信及び観光誘客を促進

日本遺産「日が沈む聖地出雲」の写真
日本遺産「日が沈む聖地出雲」


石見神楽を楽しむ外国人観光客の写真
石見神楽を楽しむ外国人観光客


国賀海岸めぐり観光船の写真
国賀海岸めぐり観光船


ものづくり産業の振興【7億4901万円】

ものづくり産業の競争力強化のため、企業の技術力の強化、新規取引先の開拓、新分野への進出などを支援するとともに、企業の人材確保・育成に対する取組みを強化します。


主な予定事業

  • UJIターン就職支援に実績のある大手人材ビジネス会社と連携し、都市部の専門人材の県内製造業への移転を促進
  • 「しまねの職人技」の後継者確保・育成のため、県内の若年未就業者、県外からのUIターン者による就労体験を支援
  • 特殊鋼産業による航空機・エネルギー関連分野等、成長産業への参入に必要な技術開発や、食品産業の販路拡大を目的とした営業力強化等を支援
  • 地域経済を牽引(けんいん)する中核的なものづくり・IT産業等事業者の高い付加価値を創出する取組みを支援

スーパーマーケット・トレードショー2018の様子の写真
スーパーマーケット・トレードショー2018


寺社の補修の様子の写真
しまねの職人(寺社の補修の様子)


ソフト系IT産業の振興【4億7220万円】

技術力・商品力の強化や販路開拓等の支援、IT人材の育成・確保により県内IT産業の持続的発展を強化します。


主な予定事業

  • 県内IT企業の有料職業紹介サービス利用の支援による高度専門人材の確保や、県外学生と県内IT企業との交流会などによる新規学卒者の採用を促進
  • しまねソフト研究開発センターによる県内企業の支援
  • 島根大学と連携して、ITを活用した地域連携型プロジェクト授業・研究を実施し、高度IT人材を育成

最先端IT機器を使った技術開発体験会の様子の写真
最先端IT機器を使った技術開発体験会


新産業・新事業の創出【5億1355万円】

新産業・新事業の創出の取組みを支援します。


主な予定事業

  • 県内企業と連携し、市場競争力の向上、雇用の創出及び製造品出荷額の増加に向け、事業化が可能なテーマについて研究開発を推進

企業立地の推進【25億2022万円】

県内に立地した企業の設備投資や新規雇用の支援を行うとともに、中山間地域への立地に対する助成要件の緩和や人材確保を支援します。


主な予定事業

  • 県外からの企業誘致や県内企業の設備投資・雇用創出について助成
  • 中山間地域等及び石見臨空ファクトリーパークへの製造業の誘致に特化した企業誘致専門員を首都圏にそれぞれ1人配置
  • 人事・採用業務に精通した民間企業と連携し、中山間地域等に新規立地する製造業が円滑に人材確保できるよう支援

石見臨空ファクトリーパークの写真
石見臨空ファクトリーパーク


中小企業の振興【4億9102万円】

後継者への事業承継や、社員の技術の向上等の取組みを支援します。


主な予定事業

  • 事業承継推進員の配置や専門家の派遣による中小企業の後継者育成・確保など事業承継計画の策定支援
  • 第三者承継支援枠を創設し、事業承継の取組みへの支援を拡大
  • 企業の技術指導者確保を支援するため、退職した熟練技能者などを紹介する人材バンクを設置・運営

産業振興に必要な社会インフラの整備【57億5342万円】

地域産業振興のため、高速交通網の整備や航空路線の維持・充実を図ります。


主な予定事業

  • 山陰道の多伎・朝山道路(H30年度開通予定)などの整備を促進
  • 出雲縁結び空港の駐車場の充実・拡張や、隠岐世界ジオパーク空港のターミナルビルの改修調査設計を実施
  • 萩・石見空港東京線の利用拡大のため、旅行商品造成に加え、石見臨空ファクトリーパークへの企業誘致の強化や、グラントワにて全国規模のイベントを実施

開通した山陰道朝山・大田道路の写真
開通した山陰道朝山・大田道路


農林水産業の振興【24億41万円】

担い手の確保や産地間競争を勝ち抜く農林水産業の生産・販売力強化を支援します。


主な予定事業

  • 「しまね林業士」制度を設け、魅力ある就労環境づくりを推進
  • 循環型林業を推進するため、主伐・再造林の低コスト化や製材工場の機能強化などを支援
  • 「しまね和牛」生産の発展に向け、優秀な雌牛の導入などを支援
  • 需要に応じた米づくりや、水田への園芸作物等の導入を推進
  • UIターン者などの円滑な就農のため、第三者への経営継承を支援
  • 自営漁業の技術を習得する研修を拡充
  • 安全・安心な農林水産物を認証する「美味しまね認証」制度の充実と推進及びGAP(注)認証取得を支援

(注)GAP:GoodAgriculturalPractice(農業生産工程管理)の略。食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組み


キャベツ畑の写真
水田における大規模露地野菜栽培(キャベツ)


林業現場体験会の様子の写真
担い手確保(林業現場体験会)


若者の定着促進・支援【3億5686万円】

若者の県内就職の促進や、企業が取組む社員定着のための人材育成研修などの支援を行います。


主な予定事業

  • 県内就職の促進、職場定着率向上のためのコーディネーターを東部、西部に配置
  • 県内大学・高専と連携した学生、保護者、教職員向けのセミナー・企業見学ツアーや、県内企業の採用力強化及びインターンシップ受入プログラム強化のための取組みを実施

大学生の企業見学の様子の写真
大学生の企業見学


海外展開の支援【1億5328万円】

海外展示会への出展助成や、海外ビジネス人材の確保・育成、輸出向け商品開発など海外展開に必要な取組みの支援や海外展開企業の現地支援拠点の運営を行います。


就労に支援が必要な若者等への支援【4億6329万円】

就労に支援が必要な若者や障がい者の就労を促進します。


主な予定事業

  • 生活支援、就労支援のための支援員や工賃向上に向けたコーディネーターを配置

外国人就労者等の増加への対応【9543万円】

日本語指導が必要な児童生徒への支援や外国人住民の生活及び日本語学習の支援を行います。


基本目標2:結婚・出産・子育ての希望をかなえる社会づくり

子育てのためのサービスの充実【13億735万円】

子育てしやすい環境整備を進めるための支援を充実します。


主な予定事業

  • 子育て世代包括支援センターの開設や新たに産後ケア事業を実施する市町村への支援
  • 放課後児童クラブを拡充するため、施設整備費の助成を拡大
  • 若い子育て世帯など、一定所得以下の世帯の保育料(対象:3歳未満の第1子・第2子)を軽減する市町村への支援
  • 保育士の負担軽減や離職防止のため、保育補助者等を雇用する経費を助成
  • 幼児教育センターを設置し、幼児教育アドバイザーや指導主事による幼稚園教諭・保育士等の研修を支援

保育所の様子の写真
保育所の様子(タケノコに触れる子どもたち)


結婚・出産のためのサポートの充実【2億3245万円】

結婚を希望する独身男女の願いをかなえるため、しまね縁結びサポートセンターによる結婚支援を強化します。また、出産の希望をかなえるため、不妊治療助成などを行います。


主な予定事業

  • 出会いの機会を増やすため、しまね縁結びサポートセンターに、これまでの縁結びボランティア「はぴこ」による相談に加え、コンピューターマッチングシステムを鳥取県と連携して導入

しまね縁結びサポートセンターでの相談の様子の写真
しまね縁結びサポートセンターでの相談の様子


仕事と子育ての両立支援【1億9102万円】

出産した従業員の育児休業の取得と復職に取組む中小・小規模事業者を支援します。


主な予定事業

  • 長期の育児休業取得を促進するため、育児休業取得17か月以上の助成を拡大

女性の活躍推進【7084万円】

働くことを希望する女性が、希望に応じた働き方が実現できるよう支援します。


主な予定事業

  • 先進的な取組みを行っている企業の視察付きセミナーや異業種交流会を開催
  • ワンストップの就職相談窓口を設置し、県内企業で就労をめざす女性を支援

働く女性のためのセミナーの様子の写真
働く女性のためのセミナー


基本目標3:しまねに定着、回帰・流入するひとの流れづくり

移住・定住の推進【7億5630万円】

仕事や住まいなどの定住情報の提供・UIターン相談・職業紹介など、きめ細かく一貫した支援を行います。


主な予定事業

  • UIターンフェアの東京開催を2日間に拡充
  • UIターン希望者が、農林漁業等の体験をする場合の滞在費を助成
  • 定着率向上のため、UIターン者と地域との関わりを深める活動を支援

UIターンフェアの様子の写真
UIターンフェア


地域を担う人づくり【38億3038万円】

少人数学級編制など小中学校におけるきめ細かな教育指導を充実し、小中高校生のふるさと教育・読書活動・キャリア教育の強化・充実を行います。


主な予定事業

  • 中山間地域・離島の県立高校と地域が一体となって実施する魅力ある学校づくりの取組みを支援
  • 県立高校の全普通教室にICT機器を整備
  • 島根県立大学短期大学部の四年制大学化にあたって、松江キャンパスの新棟の建築、既存棟の改修を実施

ICTを活用した授業風景の様子の写真
ICTを活用した授業風景


基本目標4:地域の特性を活かした安心して暮らせるしまねづくり

中山間地域・離島対策【12億423万円】

中山間地域・離島においても、安心して住み続けることが出来るよう「小さな拠点づくり」を推進します。また、中山間地域・離島の県立高校における教育の質の向上を進めるため、教員の配置の充実を行います。


主な予定事業

  • 「小さな拠点づくり」の住民理解を深め、地域の取組みを促進するため、新聞広報や研修会を実施
  • 国の基準による教員定数では教員を十分に確保できない中山間地域・離島の県立高校に県単独で教員を加配
  • 隠岐地域の住民等が利用する航路及び航空路運賃の引き下げを支援
  • 隠岐での体験観光メニューとフェリー乗船券を組み合わせた企画券の販売を支援
  • 隠岐地域の民間事業者等が行う雇用機会の拡充に寄与する創業又は事業拡大、漁業集落における雇用創出の取組みを支援

五箇地区での買い物支援の様子の写真
五箇地区での買い物支援


健康で安心して暮らせる地域づくり【38億3777万円】

医療、介護、介護予防、住まい及び日常生活の支援を包括的に確保する「地域包括ケア」の取組みを進める市町村を支援します。


主な予定事業

  • 在宅医療と介護等との連携に向けた市町村の取組みを支援
  • 病床機能の転換や在宅医療を推進するため、病院、診療所等との調整を担うコーディネーターを配置
  • 病院に勤務する看護師が訪問看護ステーションへ出向する間の代替職員の経費を助成


本号の特集ページでは、島根県の平成30年度当初予算の一部を紹介しています。詳しくは、島根県のホームページをご覧ください。
●問い合わせ先
財政課(TEL:0852・22・5583)
「島根県平成30年度予算」で検索


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp