• 背景色 
  • 文字サイズ 

静岡へ70分・仙台へ90分

空の旅で訪ねる松江藩ゆかりの地

フジドリームエアラインズ(FDA)の写真


島根県からの航路の画像


出雲縁結び空港からフジドリームエアラインズ(FDA)の定期便が就航し、静岡空港へ70分、仙台空港へ90分で行くことができるようになりました。近くなった静岡と仙台。島根とは江戸時代からの縁で結ばれています。


堀尾吉晴が築いた浜松城天守

徳川300年の歴史を刻む浜松城(静岡県浜松市)は、徳川家康を始め、歴代城主の多くが江戸幕府の要職に就いたことから“出世城”として知られています。

この浜松城、高い石垣の上に天守を築いたのは、実は家康に代わって城主となった松江開府の祖・堀尾吉晴でした。現在、浜松城公園に残る石垣は吉晴の時代のものと考えられています。


堀尾吉晴が築いた石垣と浜松城復興天守の写真
堀尾吉晴が築いた石垣と浜松城復興天守


茶の湯と奥方が結ぶ松平不昧(ふまい)と仙台

戦国武将・伊達政宗が初代藩主となった仙台は、松江藩主・松平治郷(はるさと)〔号・不昧〕とゆかりの深い地です。

若き日の不昧は石州流の茶の湯を学びましたが、その一流派である石州清水流は、代々の仙台藩主の茶道指南役を務めました。また、不昧の正室も伊達家から迎えられ、和歌や俳句に秀でた奥方の筆跡は、不昧が収集した茶道具の箱書きに遺されています。


仙台市で8月に開催される七夕祭りの様子
仙台市で8月に開催される七夕祭り(写真提供:宮城県観光課)


県内3空港がますます便利に!快適に!

期間限定!大阪線が就航

萩・石見空港

1日2便の東京線に加え、8月4~21日は大阪線が1日1往復運航。旅行や家族の里帰りに便利です。浜田市、益田市、津和野町、吉賀町の在住者・出身者等には運賃助成もあります。


●問い合わせ先
萩・石見空港利用拡大促進協議会(TEL:0856・23・0990)
ANA〔全日空〕(TEL:0570・029・222)


県内外8空港へひとっ飛び

出雲縁結び空港

静岡、仙台への新規就航により、移動時間が大幅に短縮され、身近に感じられるようになりました。また、8月は札幌線が1日1往復運航。東京、大阪、福岡、隠岐、名古屋線もあり、空の玄関口が充実しています。


●問い合わせ先
21世紀出雲空港整備利用促進協議会(TEL:0853・21・6819)
JAL〔日本航空〕(TEL:0570・025・071)
FDA〔フジドリームエアラインズ〕(TEL:0570・55・0489)


大阪線の飛行機を大型化

隠岐世界ジオパーク空港

ことしユネスコ世界ジオパークに再認定された隠岐諸島。8月は大阪線の飛行機が大型化され、座席数が76席から165席に大幅アップ。観光シーズンを盛り上げます。


●問い合わせ先
隠岐空港利用促進協議会(TEL:08512・2・8575)
JAL〔日本航空〕(TEL:0570・025・071)



●問い合わせ先
交通対策課(TEL:0852・22・5938)



お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp