• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根この100年昭和元(1926)年〜昭和20(1945)年

 満州事変、日中戦争の勃発と日本は戦争へと進む。厳しい時代にあっても、ラジオ放送の開始、水上機による松江−城崎間の定期航空路開設など、画期的な出来事があった。人々は、さらなる発展に大きな期待を寄せた。

 しかし、やがて太平洋戦争へと突き進み、島根県もその戦禍から逃れることはできなかった。米や衣料の配給、県内への爆撃、そして終戦……。

 日常は耐乏との戦いでもあった。

 

末次大火

末次大火(写真)

昭和6年5月に松江市で起こった末次大火で、600戸以上が焼失し、焼け野原となった松江市の中心街

 

松江市営バス

松江市営バス(写真)

昭和4年、松江市営乗合自動車が営業を開始。当初は16人乗りバス13台で7路線を運行した

 

西郷港

西郷港(写真)

戦前の西郷港の風景。川沿いにかわらぶきの家々が建ち並ぶ

 

浜乃木競馬場

浜乃木競馬場(写真)

乃木村(現松江市)の浜乃木競馬場で昭和4年10月に第1回競馬を開催。6年秋には馬120頭、騎手46人に達したが、その後は、発売高が下降し12年の春季競馬が最後となった

 

松江−城崎間定期航空路

松江−城崎間定期航空路(写真)

昭和8年7月、松江−城崎間160キロに定期航空路が開設された。水上飛行機を使い、話題となったが、12年に廃止された

 

街並み

街並み(写真)

古くから浜田の中心だった新町商店街の昭和12年ごろの様子。少年赤十字団の生徒が交通整理をしている

 

竹のぼり

竹のぼり(写真)

小学校にあった竹製の遊具で遊ぶ子どもたち。昭和20年、平田市で

 

開墾作業

開墾作業(写真)

第2次大戦中は食糧確保のため、わずかな空き地や山も畑にされた。写真は、田所村(現瑞穂町)で開墾作業に当たる青年学校の生徒

 

金属供出

金属供出(写真)

昭和17年、軍需品の原料として金属回収が始まり、寺の梵鐘(ぼんしょう)や橋の擬宝珠(ぎぼし)、銅像にまで及んだ。写真は松江市内で集められた寺の梵鐘

 

缶詰工場

缶詰工場(写真)

浜田の缶詰工場の昭和15年ごろの作業風景。缶詰工場は明治25年に始まった

 

学校教練

学校教練(写真)

戦時教育の一環として、戦時中は中等教育の中に教練という学科があり、将校により軍事教育がなされた

 

年号 事象
歴史

1926(大正15)年

(昭和元)
若槻礼次郎、内閣総理大臣として組閣
郡役所・島庁・郡長・島司を廃止
1927(昭和2)年 松平家、松江城址を松江市に寄付
松江白潟大火、350戸焼失
リンドバーグが大西洋横断飛行成功
1928(昭和3)年 農繁期託児所設置の県令
1929(昭和4)年 第1回松江水郷祭開催
松江、浜田にも競馬場開設
松江市営乗合自動車が営業を開始
ニューヨーク株式市場で大暴落、世界恐慌始まる
1931(昭和6)年 第2次若槻内閣
松江市末次大火、628戸全焼
柳宗悦来県、島根の工芸診察の旅を行う。民芸運動起こる
満州事変
1932(昭和7)年 松江放送局JOTK開局
国際オリンピック(ロサンゼルス)で100m吉岡隆徳6位、マラソン津田晴一郎5位
5・15事件
日本橋白木屋で初の高層建築火災
1933(昭和8)年 山陰線全通
水上機による松江〜城崎間定期航空路開設
小泉八雲記念館を松江市に設立
1934(昭和9)年 県立健康相談所を松江市と浜田町に開設
松江新大橋(2代目)完成
1935(昭和10)年 県物産奨励館開館
大阪〜大社間急行列車運転開始
1936(昭和11)年 松江〜大阪間定期航空開業
2・26事件
1937(昭和12)年 松江市中原大火、252戸焼失
松江大橋(現松江大橋)完成
木次線全通し、芸備線と接続
日中戦争
1938(昭和13)年 満蒙開拓青少年義勇軍募集の通牒。県から初の義勇軍出発
1939(昭和14)年 戦時食糧充実運動(7分搗米、代用食、混食)開始
第2次世界大戦始まる
1940(昭和15)年 松江測候所創設
日独伊三国同盟調印
1941(昭和16)年 松江銀行と米子銀行が合併して山陰合同銀行発足
県、保健所10カ所設置
米穀通帳制配給が始まる
日本軍が真珠湾を攻撃、太平洋戦争始まる
1942(昭和17年) 松陽新報と山陰新聞両社が合併して島根新聞社設立
県の東京出張所開所
衣料配給切符制実施
県下各地で寺院の梵鐘供出始まる
1943(昭和18年) 県費半額支弁で市町村に保健婦設置を定める
大風水害で死者400余人
1944(昭和19年) 各女学校に女子挺身隊結成
松江商業報国隊員2500人、三井造船工場に就業
米軍機、県東部に初めて来襲
1945(昭和20年)

 

国民義勇隊県本部設置
県、戦時緊切要務に備え学徒隊結成
建物疎開始まる
米軍機、八束郡で爆撃。玉湯で海軍兵舎と待避中の列車を銃爆撃
皇国義勇軍事件、県庁舎焼き討ちされる
米占領軍、松江、出雲、浜田の3市に進駐
松江市、浜田市の衛戍(えいじゅ)病院がそれぞれ国立病院として再開
広島、長崎に原爆投下、ポツダム宣言受諾

 

 

時代語録

時代語録をご紹介します。

昭和初期から終戦1926〜'45KEY-WORD

  • チャールストン('27)
  • モガ、モボ('27)
  • 金解禁('29)
  • 「生まれてはみたけれど」('31)
  • テクシー('31)
  • 「話せば分かる」('32)
  • 「問答無用」('32)
  • 「前畑がんばれ」('36)
  • 日の丸弁当('39)
  • ヤミ('39)
  • 「ぜいたくは敵だ」('40)
  • 学徒出陣('43)

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp