• 背景色 
  • 文字サイズ 

アライグマの生息状況について(目撃情報をお知らせ下さい)

 アライグマは「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」で「特定外来生物」に指定されており、ペットとして輸入され、飼育されていた個体が、逃げ出したり、放されたりしたことによって、全国的に生息数が増加し、問題になっています。

 

 島根県では、2004年に初めて益田市で捕獲されました。それ以降は、益田市、津和野町、浜田市を中心に捕獲数は増加し、近年は年間約300頭の捕獲数で推移しています(図1)。これらの地域では、ブドウなどへの農作物被害、金魚(出雲ナンキン)や錦ゴイへの食害、さらに住宅の屋根裏への侵入といった生活環境への被害も発生しています。

 

 今までは西部を中心に生息確認をしていましたが、近年では、県東部においても、年に数頭程度のオスが継続して捕獲されています。安来市、川本町、美郷町および隠岐地域以外では、アライグマが確認されており、(図2)生息分布の拡大が懸念されます(2022年3月現在)。

なお、アライグマが分布拡大をする際には、多くは行動域の広いオスから広がり、後を追うようにメスが広がっていきます。メスが入ると繁殖し、一気に生息数が増えることが懸念されますので、特に、メスの動向には注視していく必要があります。現在、メスの捕獲確認は益田市、浜田市、津和野町が主となります。

 

捕獲の状況

図1画像

アライグマの捕獲数の推移

 

 

 

図2画像

 

アライグマの1km毎の累積捕獲数(2004年〜20223月)

 

 

益田市内で撮影されたアライグマの写真

(2009年5月27日〜6月3日撮影)

 

アライグマ(写真1)アライグマ(写真2)アライグマ(写真3)アライグマ(写真4)

 

上は民家の倉庫に侵入して、キャットフードをあさっている様子です。下は同じ民家ですが、2頭いることが分かります。このうち1頭は、この後かごわなで捕獲されました。(旧島根県西部農林振興センター益田事務所・金澤氏撮影)

 

アライグマ写真その1アライグマ写真その2アライグマ写真その3

 

 

アライグマを目撃、捕獲等された場合

 アライグマの被害は農作物被害だけではなく、家屋侵入による騒音、衛生面の悪化など生活環境にも影響を与えます。また、繁殖能力が高く、生息を確認した場合には早期の捕獲対策が必要となります。このため、当センターでは、アライグマの目撃や捕獲、被害発生の情報を収集しています。

 

 アライグマを目撃・捕獲された場合や被害が発生した場合は、最寄りの県隠岐支庁、東部、西部農林水産振興センター林業振興課、各地域事務所林業普及第二課、または中山間地域研究センター鳥獣対策科(電話:0854-76-3818、FAX:0854-76-3758、E-mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp)までご連絡をお願いします。

 なお、生息等(目撃、被害、捕獲)を確認された場合には、可能であれば写真の撮影をお願いします。

 

 これらの情報は、島根県統合型GIS「マップonしまね」を活用して、島根県内でのアライグマについて、捕獲、交通事故、被害および目撃情報などといった生息情報を公開しています。

 

 

 

 参考:アライグマの特徴(センター飼育個体)

 

アライグマの顔

 

アライグマ(全身)


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp