知事による「イクボス宣言」

 

 令和2年2月14日、職員のワーク・ライフ・バランスの実現の支援及びいきいきと働きやすい職場環境づくりを目指し、

組織全体の意識や行動を変えていくため、丸山知事が「イクボス宣言」を行いました。

 

 

 知事署名知事宣言

 

◆知事のイクボス宣言書

 

 「組織のトップである自分がまずイクボスとなり、部局長等にもぜひ自分に続いて宣言、取組をお願いしたい。

具体的には、特に女性にかたよっている育児や家事、介護等の分担の改善をしていくことも含めて、男性の育休取得がしやすい

環境づくりをすすめてほしい。また、各家庭で抱えているいろいろな事情を把握して、両立できるように職員ごとに考えて対応

してほしい。」と、全庁をあげてイクボスの育成に取り組んでいくことを宣言しました。

 

 同日、知事をはじめ副知事、各部局長等がイクボスの理解を深めるため、NPO法人ファザーリング・ジャパンの安藤代表理事を講師に迎え、

「イクボス研修」を受講しました。

 

 知事研修受講

 

 

 また、同日午後に開催した管理職員を対象とした「イクボス研修」には約80名の職員が参加し、イクボスについて理解を深めました。

 イクボス研修

 

 ~参加者の感想~

 ・職場の活性化のためにワーク・ライフ・バランスの向上を考えていくよいきっかけとなった。

 ・親の介護の深刻度が増し、これまで以上に働き方を真剣に考えざるをえない状況になった。自身のマインドセットも含め、

 周囲の職員の状況をよく理解し、共に助け合える職場を目指したい。

 ・イクボスの意味をせまくとらえていた。イクボスの考え方がよくわかった。

 ・とても有意義な研修だった。イクボスについての今までの考え方が間違っていたことがわかり、

 認識をあらためることができた。

 

 

 

 

 

 

 県においては、職員のワーク・ライフ・バランスの実現、いきいきと働きやすい職場づくりを目指し、

 知事の「イクボス宣言」を契機に、時間外勤務の縮減、男性の育児休業の取得促進、いきいきと働きやすい

 職場環境づくり等の取組を全庁的にさらに進めていきます。

 

 

お問い合わせ先

人事課

島根県総務部人事課 〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
Eメール:jinji@pref.shimane.lg.jp
電話:0852-22-6005 FAX:0852-22-5024

企業広告
ページの先頭へ戻る