• 背景色 
  • 文字サイズ 

「竹島の「真実」と独島の《虚偽》」(下條正男先生)

 

 最近、韓国内では金章勳・保坂祐二の両氏が開設した「独島の真実」の動画サイトが話題となっている。そこでサイトを閲覧してみたが、文献や古地図を恣意的に解釈しただけで、内容は「独島の虚偽」とでも称すべきものであった。竹島を不法占拠する韓国側が、この種の詐欺まがいの主張を繰り返す限り、みずから侵略国家である事実を天下に曝け出し、墓穴を掘るだけである。

 金章勳・保坂祐二の両氏は、「日本の公式地図に独島は存在しない」と主張し、それを竹島が日本領でなかった証拠としているが、それは文献批判を踏まえた史料操作の方法を知らない者の言である。無主の地であった竹島は、国際法に依拠し、1905年、日本領に編入された。従って、1905年以前に作成された日本の地図に竹島が描かれていなとしても、不思議ではない。それどころか金章勳・保坂祐二の両氏は、「日本の公式地図に独島は存在しない」と主張することで、逆に竹島が無主の地であった事実を証明してしまったのである。それを金章勳・保坂祐二の両氏は、「日本は長い間、独島を韓国領として地図に描き、日本の公式地図からは除いて、独島を韓国領土として認めてきました」と結論付けているが、この結論こそ文献批判と史料操作を知らない者達の作文である。

 現在、竹島問題の争点は、竹島が日本領に編入される1905年以前、竹島が韓国領であったかどうかにある。金章勳・保坂祐二の両氏が「韓国古地図の于山島は独島」とする于山島は、韓国側の研究でも欝陵島の東約2キロの竹嶼(チクトウ)のこととされ、「韓国古地図の于山島は独島」と言う主張には根拠がなくなった。それは『東国文献備考』の分註で「于山島は倭の松島である」とされていた箇所が、引用した『東国輿地志』の原文とは異なる事実が判明し、于山島を竹島(独島)とする論拠も崩れたからである。だが金章勳・保坂祐二の両氏はその韓国側の研究成果をも無視し、証拠能力のない古地図を持ち出しては、偽りのサイトを開設したのである。そこで金章勳・保坂祐二の両氏が主張する順序に従い、その主張が「真実」ではなく、「虚偽」に満ちたプロパガンダであった事実を、以下の順で明らかにすることにした(「」カッコ内は、金章勳・保坂祐二両氏の主張である)。

 第1回『「日本の公式地図に独島は存在しない」のは当然』(平成24年5月11日掲載)

 第2回『「韓国古地図の于山島は独島」という真っ赤な嘘』(平成24年5月29日掲載)

 第3回『「古文書を見ても独島は韓国領土」でない理由』(平成24年6月20日掲載)

 第4回『「1905年、日本の独島編入は無効」説の捏造』(平成24年9月4日掲載)

 第5回『「サンフランシスコ条約が独島を韓国領土と承認」したという虚構』

 第6回『「米国のラスク書簡は無効」の欺瞞』


 <参考>

 ■「独島の真実」http://www.truthofdokdo.com/(外部サイト)


お問い合わせ先

総務課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
0852-22-5012
0852-22-5911
soumu@pref.shimane.lg.jp