斐伊川神戸川対策課の沿革

斐伊川神戸川対策課の沿革

 

昭和44年(1969年)8月1日

出雲市大津町の出雲土木事務所庁舎内に斐伊川総合開発調査事務所を開設

昭和45年(1970年)8月1日

島根県庁内に斐伊川神戸川総合開発対策室を開設

昭和50年(1975年)8月1日

島根県庁内に斐伊川神戸川対策室を開設

昭和52年(1977年)8月1日

斐伊川総合開発調査事務所を合同庁舎(出雲商高跡)内に移転

昭和57年(1982年)9月1日

出雲合同庁舎移転新築に伴い、斐伊川総合開発調査事務所を同庁舎内に移転

昭和58年(1983年)4月1日

頓原町頓原に志津見ダム対策事務所を開設

昭和58年(1983年)4月1日

斐伊川神戸川総合開発調査事務所を斐伊川神戸川対策事務所に改組

昭和59年(1984年)4月1日

斐伊川神戸川対策室を斐伊川神戸川対策課に改組

昭和61年(1986年)4月1日

木次合庁内に斐伊川ダム対策事務所を開設

昭和62年(1987年)4月1日

斐伊川ダム対策事務所を尾原ダム対策事務所に改称

昭和62年(1987年)4月1日

志津見ダム対策事務所を頓原町八神に移転

平成5年(1993年)4月1日

志津見ダム対策事務所を木次合庁内に移転

平成8年(1996年)4月1日

志津見ダム対策事務所と尾原ダム対策事務所を併合し、木次合庁内に志津見ダム・尾原ダム対策事務所を開設

平成14年(2002年)4月19日

松江市向島町に大橋川コミュ二ティーセンターを開設

平成15年(2003年)4月1日

企画振興部所管から土木部所管へ。志津見ダム・尾原ダム対策事務所、斐伊川神戸川対策事務所を廃止し、業務を木次土木建築事務所、出雲土木建築事務所に移管

平成18年(2006年)4月1日

公共事業部門の統合により、木次土木建築事務所が雲南県土整備事務所に、出雲土木建築事務所が出雲県土整備事務所に改組され、ダム及び放水路対策スタッフを配置

平成21年(2009年)8月3日

大橋川コミュニティセンターを松江市殿町(山陰中央ビル)に移転

現在に至る。

 

 
 
 水没予定地を覆う菜の花(木次町平田地内)
水没予定地を覆う菜の花(雲南市木次町平田地内)
 〈平成20年4月撮影〉
 
 
 

お問い合わせ先

斐伊川神戸川対策課

〒690-8501
島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎4F)
電 話:0852-22-5088
FAX:0852-22-5087
E-mail:hikanka@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る