• 背景色 
  • 文字サイズ 

特定健康診査・特定保健指導をお受けになる方へ

〜平成20年から健診の制度が変わりました〜

特定健康診査・特定保健指導とは?

 特定健康診査・特定保健指導とは、メタボリックシンドロームに着目した健診を受けていただき、その結果、生活習慣病の発症のリスクがあり、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートを実施するものです。

 

 ○特定健康診査の内容

 基本的な項目〜質問票(服薬歴、喫煙歴等)、身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)、血圧測定、理学的検査(身体診察)

 検尿(尿糖、尿蛋白)、血液検査(脂質検査、血糖検査、肝機能検査)

 詳細な健診の項目〜【※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施】心電図、眼底検査、貧血検査

 

 ○特定保健指導の内容

 特定健康診査の結果に応じて、「動機付け支援」と「積極的支援」があります。

 

 詳しいことは、厚生労働省HP「制度の概要と基本的なQ&A」をクリック↓

 http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/pdf/info02_66.pdf(外部サイト)

 

 

特定健康診査・特定保健指導を受けるメリットは?

 ○ご自身の健康状態を確認できます。

 ○健診の結果により、現在の健康状態にあった生活習慣等に関する情報の提供や改善のためのアドバイス等の支援が受けられます。

 ○糖尿病や心臓病・脳卒中等を予防し、いつまでも健やかな生活を送ることにつながります。

 

 

特定健康診査・特定保健指導を受けていただくには?

 ○サラリーマンご本人

 職場での健康診断を受けていただくことで、特定健診を受けたことになります。

 この健診の結果により、ご加入の医療保険の保険者(注1)から必要な方には特定保健指導のご案内が届きます。

 

 ○サラリーマンの扶養家族となっている配偶者等

 ご加入の医療保険の保険者が契約(委託)する医療機関等(実施機関)で受けることができます。

 健診の結果により、サラリーマンご本人と同じく、必要な方には特定保健指導のご案内が届きます。

 

 ○国民健康保険の方

 ほぼ従来の住民基本健診と同じ方法で受けることができます。

 健診の結果により、必要な方には特定保健指導のご案内が届きます。

 

(注1)保険者:健康保健事業を運営するために保険料を徴収したり、保険給付を行ったりする運営主体のことを『保険者』といいます。(○○国民健康保険、全国健康保険協会(旧政管健保)、▲▲健康保険組合、☆☆共済組合など)

 

特定健診・保健指導には、被保険者証と受診券または利用券が必要です。

 詳しいことは、厚生労働省HP「受診券・利用券のみかた」をクリック↓

 http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/pdf/info02_74.pdf(外部サイト)

 

 

特定健康診査・特定保健指導に関するホームページ

■島根県国民健康保険団体連合会

 □今年度の特定健診の情報はこちら→http://www.shimane-kokuho.or.jp/sd01_tokuteikenshin/index.html(外部サイト)

 □保険者協議会コーナー→http://www.shimane-kokuho.or.jp/sd04_hokenshakyogikai/index.html(外部サイト)

 

■厚生労働省

 「平成20年4月から特定健康診査・特定保健指導が始まりました!」↓

http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/info02a.html(外部サイト)

 

■社会保険診療報酬支払基金

 「特定健診・特定保健指導関係業務」↓

 http://www.ssk.or.jp/jigyonaiyo/tokuteikenshin/index.html(外部サイト)

 

■国立保健医療科学院(健診データベース事務局)

 「特定健康診査・特定保健指導に関するデータベース」↓

 http://www.niph.go.jp/wadai/kenshin/index.html(外部サイト)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ先

健康推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務所は松江市殿町2番地 島根県庁第2分庁舎3階にあります)
・疾病療養支援グループ(被爆者対策、ハンセン病対策、育成医療、肝炎医療費助成など)0852-22-5329
・母子難病支援グループ(特定疾患、小児慢性特定疾患、母子保健、不妊治療費助成など)0852-22-6130
・健康増進グループ(食育、歯科保健、生活習慣病予防、たばこ対策、健康増進など)0852-22-5255
・医療保険グループ(国民健康保険、保険医療機関及び保険薬局の指導など)0852-22-5270
・がん対策推進室(がん対策の推進及び総合調整)0852-22-5060 / 0852-22-6701
FAX 0852-22-6328
Eメール kenkosuishin@pref.shimane.lg.jp