• 背景色 
  • 文字サイズ 

外来種対策

 外来種については、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(外来生物法)に基づき、環境省が「特定外来生物」を指定し、飼養・栽培・保管・運搬・輸入等を制限するとともに、防除を進めています。

 外来種対策に関する法制度、どんな動植物が「特定外来生物」となっているか、その取扱いなどは、環境省のホームページをご覧ください。

 環境省「日本の外来種対策」のホームページ(外部サイト)

 

 このページでは島根県内の外来種に関してご案内します。

ヒアリにご注意ください

島根県内で発見はありませんが、国内において港湾施設を中心に「ヒアリ」の発見が相次いでいますので、ご注意ください。

昆虫類

 昆虫類で「特定外来生物」に指定されている主な外来種は以下のとおりです。平成29年7月7日現在、島根県内で確認されたものはありません。

 

主な外来種(昆虫)の一覧表
種名 国内の侵入・定着状況
アルゼンチンアリ(外部サイト) 広島・岡山・山口・徳島などで侵入・定着しているところがあります。
アカカミアリ 硫黄島で定着しており、防除が進められています。また、港での発見があり、定着しないよう防除が進められています。
ヒアリ 神戸、大阪、名古屋、東京などの港のコンテナから発見されており、定着しないように防除が進められています。
コカミアリ 国内には侵入していません。
ツマアカスズメバチ(外部サイト) 対馬で定着しており、防除が進められています。北九州市などで発見されたこともあります。

 

 

クモ・サソリ類

 クモ・サソリ類で「特定外来生物」に指定されている主な外来種は以下のとおりです。島根県内では、平成27年にセアカゴケグモが発見されています。

 

主な外来種(クモ)の一覧表
種名 国内の侵入・定着状況
セアカゴケグモ 県内で発見されたことがあります。国内でも多くの都道府県で発見されています。
ハイイロゴケグモ(外部サイト) 県内で発見されたことはありません。国内では、山口、岡山、兵庫などで発見されたことがあります。

 

そのほか

 特定外来生物は他にもたくさん指定されており、昆虫やクモの他にも島根県内で確認された種があります。今後、随時情報を掲載します。


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町1番地
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp