• 背景色 
  • 文字サイズ 

特定外来生物セアカゴケグモ

セアカゴケグモにご注意ください

  • セアカゴケグモは「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(外来生物法)の規定に基づき、「特定外来生物」に指定されています。
  • 全国各地で発見例があり、特に港湾地域やそれに隣接する地域で多く発見されています。
  • 島根県内では、平成27年から見つかるようになり、毎年発見例があります。
  • セアカゴケグモのリーフレット(環境省外来生物対策室作成)

(背面)セアカゴケグモの背面の写真(腹面)セアカゴケグモの腹面の写真

  • セアカゴケグモは「特定外来生物」に指定されているため、個体や卵のうを生きたまま運搬することが禁止されています。
  • セアカゴケグモやその他の外来種についてもっと詳しく知りたい方は、環境省のホームページをご覧ください。
  • 環境省「日本の外来種対策」ホームページ(外部サイト)

セアカゴケグモはどんなクモ?

  • オスとメスで姿が異なっており、毒をもっているのはメスです。
  • メス(成体)は、体長約1cmで、全体的に黒く、つやがあります。
  • メスは腹部の背面には、直線状あるいはひし形を二つ並べたような形の赤い線があります。
  • 腹部の腹面には、砂時計のような赤い模様があります。
  • 攻撃性は高くありませんが、毒をもっています。
  • 咬まれた場合は、痛みや腫れを引き起こし、場合によっては重症化し、吐き気や腹痛などの症状が現れることがあります。

セアカゴケグモのすみかは?

  • 陽のよくあたる場所の地面近くの隙間やくぼみに巣をはります。
  • プランターやエアコンの室外機の裏、庭に置かれた靴の中などに営巣することもあります。
  • 屋外に置かれていた傘、衣服、おもちゃ等に付着して屋内に持ち込まれる可能性があります。
  • 自動販売機の下に潜んでいることもあります。

セアカゴケグモを見つけたら

 セアカゴケグモは、有毒であるため咬みつき被害に注意が必要です。セアカゴケグモと思われる個体を見つけた場合は、すみやかに駆除し、最寄りの市町村または保健所へご連絡ください。

 駆除するときは、絶対に素手では触らないで、次のことに注意してください。

  • 長袖、長ズボン、長靴など素肌を出さないようにし、軍手など手袋をすること。
  • 家庭用殺虫剤(ピレストロイド系殺虫剤)を噴霧するか、靴で踏み潰すこと。
  • クモに触る場合は、死んだクモであっても火箸や菜箸、ピンセットなどを用いること。
  • 卵のうに対しては、殺虫剤の効果が十分でないので、棒きれなどでクモの巣ごとからめ取り、ビニール袋に入れて完全に踏みつぶすか、その場で焼却すること。

セアカゴケグモに咬まれたときの症状と処置

症状について

  • ほとんどの場合、咬まれた瞬間に針で刺されたような痛みを感じます。
  • その後30分から40分して、鈍い痛み、熱感、赤み、腫れ、発疹、発汗(傷口の周辺)が現れることがあります。
  • 重症化することはまれですが、咬まれてから1時間程度で全身の症状として、激しい筋肉痛、けいれん、吐き気などが現れることがあります。

咬まれた時の応急処置方法について

  • 咬まれた部位の余分な毒を温水や石けん水で洗い落します。
  • 出血がある場合は、ガーゼ等で軽く押さえてください。包帯や止血帯で強く圧迫することは、逆に痛みを増強させることになるため避けてください。
  • 傷みがきつい場合は、刺された部分を冷やすと痛みが緩和します。
  • すみやかに医療機関に受診してください。できれば、咬まれたクモの種類がわかるように、殺したクモを病院へ持参してください。

お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町1番地
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp