• 背景色 
  • 文字サイズ 

松江和紙手まり(まつえわしてまり松江市

松江和紙の写真

 松江の手まりは、江戸時代に松江藩御殿女中が作り始めたものといわれ、やがて民間に伝わったとされる。松江和紙てまりは、絹川さんの創作した工芸品で出雲民芸和紙を貼った上に刺繍糸で模様をかがり、最後にちぎり絵で模様を描いて仕上げるという独特の素朴さと味わいをもつ。出雲民芸和紙は、丈夫なうえに様々な風合いを持ち合わせているので、松江和紙てまりには最適の材料である。この和紙の質によって作品の良し悪しがほぼ決まるほど。また、2つとして同じものは出来ないという面白味もある。図案に花が多いのも特徴で、松江市の花である“椿”や、県花の“ぼたん”が必ず入っている。特に毬にかがる麻の葉の模様は難しい。十二支などが描かれた作品もあり、鑑賞用、縁起物、厄除けとしても用いられている民芸品である。

 

【製造過程】地玉→地玉に綿をまく→しつけ糸をかける→和紙はりつけ→基礎線をかける→糸刺し→ちぎり絵をはる
【主な製品】松江和紙手まり、藍手まり、かがり毬
【絹川ツネノ】
〒690-0033松江市大庭町1614出雲かんべの里てまり工TEL0852-28-0048
平成7年12月12日指定

 

 

 

 

 

AllRightReserved(C)島根県しまねブランド推進課

 


お問い合わせ先

しまねブランド推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5128
FAX:0852-22-6859
brand@pref.shimane.lg.jp