• 背景色 
  • 文字サイズ 

広瀬和紙(ひろせわし安来市広瀬町

広瀬和紙の写真

 寛文8年(1668年)、広瀬藩が藩札を発行するため祖父谷に御紙屋を設けて作り始めたといわれている。万延元年(1860年)頃より岩佐忠佐衛門によって農家の副業として広瀬において普及し、最盛期(明治30年頃)には県内はもとより遠く北陸方面まで出荷された。原材料は、繊維が長く強い「楮」・楮より光沢がある「三椏」・繊維が短く平滑な「藁」・虫がつかないといわれる「雁皮」を使用している。漉きの段階で、漉き舟に原料とトロロを加え一枚ずつ漉く。漉き方としては、「流し漉き」と「留め漉き」があり、漉いた紙は板に張り付け天日乾燥する。これら製作工程は全て寛文時代より受け継がれるもので、出来た上質の和紙のなかでも特に祖父谷紙や藁半紙が有名。

 

【製造過程】煮熟→打解→漉き→乾燥
【主な製品】着色紙・藁半紙・画仙紙
【長勲】
〒692-0412安来市広瀬町下山佐2652TEL0854-32-3863
昭和57年3月31日指定

 

 

 

 

 

AllRightReserved(C)島根県しまねブランド推進課

 


お問い合わせ先

しまねブランド推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5128
FAX:0852-22-6859
brand@pref.shimane.lg.jp