• 背景色 
  • 文字サイズ 

漁業生産部

  • 水産資源を保護し将来にわたって安定的に利用するための資源管理、海洋観測、漁具漁法、魚介類の利用加工・品質向上などに関する調査研究・技術開発に取り組みます。

 

トビウオ海洋資源科

水産資源・海洋環境の調査

  • 水産資源を保護しながら有効に活用するため、主にまき網や底びき網の漁獲対象となる魚介類について、資源状態を評価するための調査を行います。また、水温・塩分・プランクトンなどの海洋環境の観測を定期的に行います。

 

漁具漁法の開発

  • 資源保護のために稚魚だけを逃がす漁具や、網に入って漁業者を困らせるクラゲだけを排出する漁具など、新しい漁具の開発を行います。

 

漁業経営調査

  • 体力が弱くなっている基幹漁業を再生するため、漁業経営を改善する対策を漁業者・金融機関・行政等と一体となって考えます。

 

写真
海洋観測 漁具の水槽実験
沖合域の海洋観測 漁具の水槽実験

 

トビウオ利用化学科

利用加工・流通産業の技術支援

  • 水産加工流通業界に対して技術的な支援を行います。また、産学官で連携して、利用加工に関する新技術の開発や新産業の創出について研究を進めます。

 

魚介類の品質向上技術の開発

  • 「安心・安全」、「高品質」な水産物を生産するため、漁獲物の鮮度保持などの品質向上技術の開発・普及を官民一体となって行います。

 

水産物のブランド化の取り組み

  • 県内各地の水産物のブランド化を支援するために、積極的な技術の導入により、その特性を科学的に明らかにする研究を行います。

 

写真
脂質測定器の開発 魚介類の成分分析
魚の「脂の乗り」が測定できる機器の開発 魚介類の成分分析

お問い合わせ先

水産技術センター

島根県水産技術センター(代表)
〒697-0051 浜田市瀬戸ヶ島町 25-1
TEL.0855-22-1720 FAX.0855-23-2079 E-Mail: suigi@pref.shimane.lg.jp