• 背景色 
  • 文字サイズ 

『農村整備課』って何しているの?

農業農村整備事業について

 は命の源であり、は豊かな恵みを与えてくれます。
農業農村整備は、この水と土を相手に、自然との共生を図りながら営まれている農業を支援するため、水田で必要な農業用水を確保するためのダムや堰の建設、営農条件を改善するための水田、畑の整備、農産物などを運搬するための農業用道路の整備、農村の環境整備などを行っている事業の総称です。

農業農村整備事業のイメージ図



農地や農業水利施設の整備

 田んぼや畑の区画を整えたり、農作業や農産物輸送のための道路の整備、また農地に水を運ぶための水路の整備などを行っています。

今在家地区ほ場整備事業により整備したほ場の写真

出雲市斐川町今在家地区ほ場整備事業

1区画の面積を大きくすることにより、農作業にかかる経費の節減につながるとともに地域の農業を受け持つ担い手に農地を集めて効率化を図っています。

高瀬川地区かんがい排水事業により改修した高瀬川の写真

出雲市高瀬川地区かんがい排水事業

農業用水は農業にはかかせないものですが、高瀬川は1687年に大梶七兵衛によって造られた歴史ある水路であり、この地域の「命の水」となっています。老朽化したため本事業により改修しました。約500haの農地に水を安定的に供給しています。


農村の整備

 農村地域の生活環境向上や国民共通の財産としての美しいむらづくりのために、農業集落排水整備(農村の下水道整備)棚田の整備など様々な施設整備を行っています。

江津中央地区農業集落排水事業で整備した処理施設の写真

江津市桜江町桜江中央地区農業集落排水事業

平成13年度に完成した汚水の処理施設です。3,200人分の生活排水の処理が可能です。


宍道西地区農村振興整備事業により整備した集落農園の写真

松江市宍道町宍道西地区農村総合整備事業

都市住民に農業・農村を体験してもらうと同時に地域住民との交流を促進することを目的に集落農園を整備しました。
管理棟1棟
体験農園600m2
貸付農地10区画


大井谷地区棚田地域等緊急保全対策事業により整備した棚田の写真

吉賀町柿木村大井谷地区棚田地域等緊急保全対策事業

島根を代表する農村景観である棚田を保全するため、耕作道や畦畔の整備を行いました。

現在、本地区は「棚田オーナー制度」が導入され都市住民と地域住民との交流が図られながら、棚田が守られています。

アクセスカウンタ

平成21年3月3日カウンターリセット


お問い合わせ先

農村整備課

島根県農林水産部 農村整備課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
電話 0852-22-5151
FAX 0852-31-6274
nouson@pref.shimane.lg.jp