• 背景色 
  • 文字サイズ 

隠岐の農村整備

1.農業農村整備とは?

 

生産性を向上するための水田や畑の整備、そこで必要な農業用水を確保するためのダムや堰、用排水路の整備、

農産物などの輸送を改善するための農道の整備、農村の環境整備などの事業の総称です。

 

農業農村農村の役割(多面的機能)

☆事業説明詳細図

☆多面的機能詳細図

 

農村の整備

農地の整備

農道の整備

ため池整備や地すべり対策

 

2.農業農村の役割(多面的機能)

 

 農業・農村が果たす役割は、米や野菜などの生産の場だけではありません。教育教養の場、憩いの場など、多様な側面を持っています。

 例えば水田は稲作を行うだけではなく、整備の行き届いた姿は美しい農村の景観そのものであり、また豊かな自然は多様な生き物を育んでいます。

 

3.隠岐での主な取り組み

 

〇農道整備:農作物を運搬しやすくするため、新しく道路を整備します。

☆西地区一般農道整備事業:ほ場内農道やほ場と集落、ほ場と基幹的農道等を結ぶ農道の整備を行います。

海士町内にある本農道は平成24年3月30日全線開通しました。

 

 西農道(海士町)
西一般農道 西一般農道整備後
整備前 整備後

 

 

☆島後地区農道保全対策事業:既設農道の点検診断、修繕・補強等の整備を行います。

新代トンネル照明修繕:平成3年に完成した隠岐の島町にある新代トンネルの照明設備に腐食が進んでいたため、平成23年度に照明設備の修繕を行いました。

 

 新代トンネル(隠岐の島町)
新代トンネル照明整備前 新代トンネル照明整備後
新代トンネル照明整備前 新代トンネル照明整備後
修繕前 修繕後

 

 

西郷大橋塗装:昭和52年に完成した西郷大橋の鋼桁の腐食が進んでいたため、平成21年度に塗装しなおしました。

 

 西郷大橋(隠岐の島町)
西郷大橋塗装前 西郷大橋塗装後

塗装前

塗装後

 

西郷大橋吊り材修繕:吊り材に腐食が進んでいたため、平成23年度に吊り材の修繕を行いました。

 

 西郷大橋(隠岐の島町)
西郷大橋吊り材整備前 西郷大橋吊り材整備後

修繕前

修繕後

 

 

〇ほ場整備:小さな田んぼを大きくし、用水路・排水路・道路等を整備します。

☆南北地区:隠岐の島町旧五箇村重栖川下流付近にある低湿地帯において区画整理、客土、暗渠排水、用排水路、道路を整備しました。

 

 南北地区ほ場(隠岐の島町)
南北ほ場整備前 南北ほ場整備後
整備前 整備後

 

 

〇中山間地域のきめ細かな基盤整備:中山間地域において、ほ場整備、用排水路、農道等を整備します。

☆隠岐島後地区:隠岐の島町内全域の農業生産基盤(用排水路・ため池・道路・暗渠排水等)を整備しました。

隠岐島後図面

 中山間地域総合整備事業隠岐島後地区図面

 

用排水路改修:老朽化した用排水路を改修しました。

 

 上西地内用水路(隠岐の島町)

上西用水路整備前 上西用水路整備後

【整備前】

【整備後】

 

 代地内用水路(隠岐の島町)

代用水路整備前 代用水路整備後

【整備前】

【整備後】

 

農道整備:円滑な営農走行を確保するため、狭小な幅員を拡幅改良しました。

 

 原田地内農道(隠岐の島町)
神谷農道整備前 神谷農道整備後

【整備前】

【整備後】

 

農業集落道整備:大型車の通行増加に伴い、自転車・歩行者の安全を確保するため、歩道の設置を行いました。

 

 有木地内集落道(隠岐の島町)
有木集落道整備前 有木集落道整備後

【整備前】

【整備後】

 

 

 

〇農村地域防災減災事業(ため池整備):老朽化しているため池等の整備を行います。

☆五箇地区:災害発生のおそれがある、農業用ため池の整備を行います。

 

 粟ヶ谷池(隠岐の島町)

粟ヶ谷池工事前

粟ヶ谷工事後

【工事前】

【工事後】

 

 

○ため池を大切に維持管理しましょう

 

☆ため池の草刈り作業に参加しました(隠岐の島町北方・谷川ため池)

隠岐の島町北方にある谷川ため池の草刈り作業が地元の農家を中心に行われ、隠岐支庁県土整備局・農林局、

隠岐の島町役場、水土里ネット島根の職員も参加しました。

ため池には周辺の農地に供給する農業用水を貯めておく役割があります。谷川ため池は長年にわたって地元の

農家により管理されています。参加者は草刈り機や鎌を手に、堤体に日ごろの感謝をこめて、背丈程に伸びた

ススキやツタに悪戦苦闘しながら草刈りに汗を流していました。

作業が終わった後に、地元の隠岐水産高校の生徒が考えたオリジナル料理「闘牛ブリバーガー」がふるまわれ

ました。参加者は地元の味を楽しみながら、お互いの労をねぎらっていました。

 

 <参加職員の感想>

 ・刈った草が草刈り機に絡み付いて、なかなか前に進めなくて大変でした。堤体の斜面で作業を行ったので、

 終わった後に足腰がかなり重くなっていて驚きました。管理に対する地元の労力の大きさを知ることができ

 ました。

 ・職務の一環として、地元農家さんとため池の草刈りをさせていただきました。普段ではやらないため気づか

 なかった、ため池管理の大変さを身をもって体験しました。今後は、地元の農家さんの意見を大切にし、不

 便なところはよくしていき、作業のしやすい環境をつくっていけるように、職務に励んでいきたいと思って

 おります。

 ・ため池を維持管理されている農家の方のご苦労を知るとともに、ため池の異常を発見しやすい環境を維持

 していくために草刈りが非常に重要であることを再認識しました。

 闘牛ブリバーガーおすすめです。

 (平成26年11月5日)

 

谷川ため池(隠岐の島町)
草刈り1 ため池側の草刈り状況
堤体上部の草刈り状況 ため池側の草刈り状況

 

谷川ため池(隠岐の島町)
集合の写真

集合写真

 

 

☆ため池の鯉の引っ越し作業を行いました(海士町・中里ため池)

 

中里ため池は堤高17m、堤長72m、貯水量3万tの海士町内でも有数の規模のため池であり、明治時代の
築造以来海士町中央部の水田8haに用水を供給する貴重な水源となっていますが、築造から100年近くが経
過し老朽化による漏水があり決壊の危険性が高いため、平成26年度からため池の改修事業を実施しています。

平成28年秋からは改修工事の本格的な実施に伴いため池を干し上げることから、池内に生息している生物(

鯉など)を近隣のため池に避難させるため、12月11日に用水利用者、地域住民、子供会等総勢約40名が

参加して生物の捕獲と近くの池への引越しを行いました。

当日はみぞれ交じりの雨が時々強く降るあいにくの天気でしたが、始めに神職による神事を執り行った後、地
区の古老の方でも見たことがないと驚いていたため池の底近くに降りて網などで生物を捕獲しました。最大で
体長40cm近い大物の鯉を10数匹と冬眠を邪魔されたのか動きの鈍い大きな蛙1匹を捕まえ、子供たちか
ら「カエル欲しい!」と争奪戦が勃発しかけたり、ボートに乗った魚の追い込み役が熱心に追い込みを行うあ
まりボートから落ちかけたりと、参加者の笑い声が絶えない楽しい捕獲作業でした。

引越しのために捕獲した鯉などを入れた水槽の中の多数の生物を見て、ため池は用水確保のための施設のみな
らず、生物の生息の場の役割も果たしているものであると認識を新たにしました。
引越しを済ませ水を干した中里ため池は、今後、改修工事を約2年かけて行い、工事後は用水をためた中里池
に引越し先の池から生物を戻す予定です。

(平成28年12月11日)

 

中里ため池(海士町)
神事の様子 ボートによる魚の追い込みの様子
神事の様子 ボートによる魚の追い込みの様子
 中里ため池(海士町)
捕獲した魚を網から外している様子 捕獲した魚の様子
捕獲した魚を網から外している様子 捕獲した魚の様子

 

☆農業用ため池点検マニュアル【ため池管理者用(PDF)】

 


お問い合わせ先

隠岐支庁県土整備局

隠岐支庁県土整備局
08512-2-9724
(道と川の相談ダイヤル) 
島後地区08512-2-9737 島前地区08514-7-9111